海外FXの税金の話 脱税に注意

こんにちは FIOLAです。

この表はFX絡みの巨額脱税事件です。

すでに、FXを長くしている方は知っていると思いますが、FXで利益をだすと当然、所得税を払わなければいけません。

一定以上の利益がでると、毎年、確定申告をする必要がでてきます。

給与所得者=20万円以上

それ以外=38万円以上

海外FXをやっていると20万円や38万円なんて一瞬で上がってしまう利益ですので、安定して利益をだせるようになると確定申告が必要になります。

国内FXは雑所得とみなされ、その他の所得と合算して計算されませんので、20万、(38万円)以上の所得をだすと、全員申告の必要が出てきます。

そして、国内FXは申告分離課税です。 所得税15%、住民税5%(※2013年~2037年は、所得税に対して2.1%復興特別所得税が課されるため、期間中の税率は所得税、住民税合計で20.315%です)  つまり、20.315%の税金を取られてしまいます。

では海外FXを使っている場合はどうでしょうか?

海外FXと国内FXでは金融商品としてみなされるか、みなされないかの違いがでてくるため、税金や確定申告の仕方が違うのです

・海外FXは累進課税、国内FXは申告分離課

・海外FXは損益通算が不可能

国内であれば、利益が20万であろうが、1000万円であろうが、税率は一律20.315%

しかし、海外FXは累進課税なので、利益が増えれば税金があがります。

課税所得金額 税率 税率内訳
 195万円以下  15% 所得税5%+住民税10%
 195万円超~330万円以下  20% 所得税10%+住民税10%
 330万円超~695万円以下  30% 所得税20%+住民税10%
 695万円超~900万円以下  33% 所得税23%+住民税10%
 900万円超~1,800万円以下  43% 所得税33%+住民税10%
 1,800万円超~  50% 所得税40%+住民税10%

この表から見てわかるように、利益が195万円以下であれば海外FXが有利です。

195万~330万円は国内FXと同じ税率。

しかし330万円を超えたあたりから、税金が高くなっていきます。 1800万円を超えたりしたら50%もの税金を払わなければいけません。

しかし、実際年間利益195万円以下のトレーダーが殆どなので、海外FXが不利だとは言えません。

なぜこのような違いがでたかというと、海外FXは金融庁の認可した金融商品取引法に規定する店頭デリバティブ取引に該当しないということになるからです。海外FXでも金融庁の認可を受ければ国内FXのような税制を受けることは可能でしょうが、レバレッジ規制25倍(近年中に10倍引き下げ)の対象になるのは間違いありません。

まずハイレバ少額資金で海外FXで利益をだし、年間利益が330万円を超えそうになったら海外FXをやめ、国内FX口座で取引をしたほうが得策といえます。

そして、海外FXが国内FXとちがうもう一つのポイントは

海外FXは損益通算、損益の繰り越しができない   というポイントがあります。

つまり、国内FXでは、3年に渡り、損益通算が認められていて、今年100万円損失がでて、翌年100万利益が出た場合、は利益がゼロとみなされるということ。 (もちろん損失100万だした年にも確定申告をしている必要があり)

しかし海外FXは損益通算がないので、損失が出た年は確定申告する必要がなく、翌年に利益が出た場合は、その損失分の控除ができないということになります。

海外FXは各年毎に税金を納める必要があり、損失の繰り越しはできない

海外FXをつかっているのに、繰り越し損失で報告してしまうと、無申告加算税が課されるのでご注意ください。

ここまで、みると、せっかくの利益が税金でもっていかれて嫌だなあという印象をもたれるかもしれません。

しかし、国内、海外FXであれ税金を抑える方法があります。

一年間に得た利益から必要経費を控除できます。いかに節税するかはいかにうまく経費報告をすることができるかです。

以下は経費として認められやすいものです。 そのほかにもきちんと理由を説明でき合理的であれば経費として認められますので、領収書は必ず取っておく必要があります。

  • パソコン購入費(減価償却費)
  • モニター代
  • ネットプロバイダー代
  • 教材費
  • セミナー代
  • 交通費

海外FXに限らず、確定申告においては経費をいかに上手く申告するかがかなり重要になってきます。雑所得はその年の経費や損失を利益額から差し引くことが可能です。同じ雑所得であれば海外FXでなくても一緒に経費申請することができます。

雑所得に含まれるものは、アフェリエイトの収入やインターネットオークションの売買利益等も含まれますので、それにかかった商材や経費、維持費なんかも一緒に経費として申告することで、海外FXの利益額を減らすことができます。自分のやっていることで、雑所得に含まれるものを把握しておくとよいと思います。

普段生活にかかるものでも、これはFX専用のものだと説明できるよう、うまくやればある程度利益を経費で削ることができると思います。

海外FXは、脱税できそうに思われる方もいますが、脱税はできません。いくら利益を小分けして日本の口座にいれてもダメです。

海外に銀行口座を開き、そこに利益を入金するという手段を使えば出来ないことはありません。海外の銀行口座は国税庁の管轄外です。何億円も稼げるようになると、海外移住も視野にいれ、海外銀行口座で海外でFXをすべきようになるかもしれません。 しかし、日本国内に居住している限り、税金は納めなければいけません。なにかを切っ掛けに脱税がばれたりすると、逮捕、追徴課税が課されることとなり、延滞金と重加算税で、利益が殆ど吹き飛んでしまう事もあります。あくまでもクリーンに利益を上げ、税金を納めていくほうが長く続けるうえでよいと思います。

まずは、安定して利益を上げれるトレーダーになれるように。そうすれば、確定申告の悩みがでてきます。 それは勝てるトレーダーの一員になったという、大変喜ばしいことです。

大多数のFXトレーダーが確定申告を一度もせず、(大負けして退出)消えていきます。

きちんと確定申告で納税し、脱税したいと悩めるほど、利益を上げれるようになることが先決だということです。

ブログ村ランキングに参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです。

ブログ村参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村

XM  FIOLAの使っているFX

下記のリンクを踏んでXMでリアル口座を登録しXMのID番号下3桁を教えていただいた方には、メールでの質問にお答えします。FXに関することでわかる範囲であればお答えします。

メールアドレス      info@satoboueki.com

 

メイン仮想通貨取引所

ビットフライヤー

ZAIF(ザイフ)




暗号通貨はハードウォレットが安全

 

もし、コンタクトレンズを使っていて、いつも買っている数値(BC,DIA,PWR)が分かるのならここからの購入をお願いします。<(_ _)>

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!