海外FXの税金の話 脱税に注意

こんにちは FIOLAです。

海外FXの魅力をいつも語るFIOLAですが、ビットコイン出金ができるAXIORYを紹介します

ビットコイン出金だけでなく、海外銀行口座への送金、MYBITWALLETへの出金など様々な出金が選べます。国内口座に送金したくない場合でも選択枝がある  これ重要な要素です。



またスプレッドが低いので大きなLOTで手数料節約するならAXIORY お勧めです。

ビットコイン出金にも対応  勝ったらそのままBTCに替え仮想通貨投資に回すこともできます。日本の銀行に送金しなきゃ足もつかんでしょう(ってのは冗談で脱税はだめですよ きちんとトレード履歴とって申告しましょう)

なんといっても、ナノスプレッド口座の極小スプレッド(ドル円0.1PIPS~)

取引手数料はかかりますが、大きなLOTでやるなら圧倒的有利  さらに、ビットコインでの入出金が可能であるというので、非常に魅力があります。MT4が使えるので使い勝手はXMと全く同じ。 FIOLAチャートもデーターフォルダをそのまま映すだけで表示可能です。

本社は ベリーズ 国が怪しいと思うかもしれませんが、ベリーズだからこそ、日本の金融庁の言いなりにならないというメリットもあるという噂も

所在地 No5 Cork Street, Belize City Belize

事業開始 2012年

プラットフォーム  MT4,cTrader

レバレッジ  最大400倍まで設定可

追証なし

ロスカット 20%

通貨ペア 61種類で十分

ベリーズは カリブ近辺中央アメリカ付近にある小さな国です。

出張でよくいく付近ですので馴染みはあります。

スタンダード口座  スプレッド0.4PIPS~ 最低入金額20000円

ナノスプレッド口座 スプレッド0.1PIPS~ 最低入金額20000円(手数料1LOT当たり3ドル)

の2種類があります。  わたしはどちらも開きました

一つ開くと何個でも追加で簡単に開けます。

とりあえずナノスプレッドを使ってみます。 とにかく手数料が安いと評判です

これで海外FXが不得意としていたスキャルピングも可能になります。

海外口座は不安だという声もあるかと思いますが、考え方を変えると海外口座は国内口座より安全。

まずFX業者を選ぶ際の安全基準に「信託保全」という言葉があります。

この信託保全というのは、顧客から預かった保証金をFX業者は財産特別した上で、(信託銀行等)に管理を委託し、資金を保全する方法です。

要するにFX業者が倒産した場合でも、信託保全があるので、顧客の資金は守られます。

日本のFX業者は全額信託保全が義務付けられていますので、基本的に安全ですよ。

で、海外業者はというといろいろです。 義務ではないから

ここは非常に重要なポイント 最悪倒産してカネを持ち逃げされる可能性があるということです。

海外FX業者はよく「分別管理」しているという言葉を使います。 分別管理とは顧客の資金と会社の財産は別管理ですという意味では信託保全と似ていますが、同じ社内で別管理しているという意味なので会社が倒産したら、他の債権者にさきに抑えられて結局お金帰ってきません。だから分別管理だから安全といっていても、まったく安全と言えないのです。

だから、海外FX事業者の場合、どのような信託保全がなされているかを確認することが大切

そこで私が使う

XM : 最大2万ユーロ(約260万円くらい)まで信託保全と書いています。

安全です。だって888倍のレバかけれますから 2万ユーロなんて入金しないでしょ

AXIORY : 全額信託保全です 安全です さらに400倍レバかけれるんで、大金は入金する必要ありません

こういう観点から、この2社は海外FXであっても、安全だと私は考えています。

また、海外FXは以下の点で国内FXよりも安全です。

①海外はレートが正直 注文を市場に通していない国内のノミと違い実際にトレードされているので、FX業者もトレーダーに勝って欲しいと思っている。 国内業者は勝つトレーダーには用はない 排除したいと考える。わざとにロスカットさせるようなインチキレート操作が昔はあった。今は多分あからさまなことはしない。スキャルピングで勝ちまくるトレーダーなんかいたら即排除 勝つトレーダーには厳しいのが国内業者

②ゼロカットシステム  想定外の大暴落に遭遇した場合 リーマンやEU離脱 スイスフランショックなどで、大金を証拠金として入れているにも関わらず、相場の大暴落にロスカットが間に合わず、証拠金を突き抜け追証、借金まで背負ってしまう。 このような恐ろしい事態に海外FXは絶対なりません。 海外FX業者だってわざわざ異国の日本に取り立てに来るのは無理だと知っています。 ゼロカットは世界標準です。

レバレッジも高いので大金を入金しないし、入金した分以上は何があっても取られません。

③レバレッジが高く設定できる為、証拠金を沢山入金する必要がない

日本の口座だと100万円とか500万くらい入金しないと大きくトレードできません。

だけど海外FXはレバレッジがかけられるので、沢山入金する必要はありません。(リスク管理は自分でちゃんとやればいい 自己管理できる人にはレバレッジは大きな味方です)

ということで、AXIORY 使い勝手XMと全く同じ とくに説明することもありません。

口座開設手順もXMと同じ、 免許証かパスポート等の本人確認と住所が確認できる書類の添付くらいです。

XMの補助として、開いておいて損はない海外FX業者だと思います。

ビットコイン入出金ができるのはうれしい”

携帯のMetaTrader4でもそのままログインできました。

そして実際にトレードしてみて、びっくり

例えば

10万通貨だと XMでやると ドル円の買い 1700円マイナスくらいからスタートになります

しかしAXIORYのナノスプレッドだと ドル円の買いでも300円マイナスからのスタート

上がっているタイミングでエントリーなので直ぐにプラスに転じます。

AXIORY これ 結構使えるかも!

早速スプレッドと手数料を調べるべくエントリーします。

エントリーした瞬間 836円のマイナス だけどトレード自体は200円のマイナスのみです。

つまり636円くらい手数料を取れれていることになりますね。

だけど、10万通貨だと、XMよりも1000円は安いですよ

スプレッドが低いのでエントリーと同時にすぐにプラスに転じやすい

2200円のプラスになっても利益は1563円  手数料637円ですね

つまり10万通貨のような大きなトレードだと 圧倒的に有利です。

スキャルピングするなら絶対AXIORYのほうがいいですね

通常トレードならXMでもいいかもしれません。

つまり、使い分けでどっちの口座も必要です。

さくさくっと 2回トレードして利益つくってみました

10万通貨のエントリー2回 スキャルピングです。 一瞬で8000円とれましたね

ということで、 結論

海外FX  大きいLOTでやる か スキャルピングが好きなら AXIORY

通常ならボーナスが使えるXM といったとことでしょうか



すでに、FXを長くしている方は知っていると思いますが、FXで利益をだすと当然、所得税を払わなければいけません。

一定以上の利益がでると、毎年、確定申告をする必要がでてきます。

給与所得者=20万円以上

それ以外=38万円以上

海外FXをやっていると20万円や38万円なんて一瞬で上がってしまう利益ですので、安定して利益をだせるようになると確定申告が必要になります。

国内FXは雑所得とみなされ、その他の所得と合算して計算されませんので、20万、(38万円)以上の所得をだすと、全員申告の必要が出てきます。

そして、国内FXは申告分離課税です。 所得税15%、住民税5%(※2013年~2037年は、所得税に対して2.1%復興特別所得税が課されるため、期間中の税率は所得税、住民税合計で20.315%です)  つまり、20.315%の税金を取られてしまいます。

では海外FXを使っている場合はどうでしょうか?

海外FXと国内FXでは金融商品としてみなされるか、みなされないかの違いがでてくるため、税金や確定申告の仕方が違うのです

・海外FXは累進課税、国内FXは申告分離課

・海外FXは損益通算が不可能

国内であれば、利益が20万であろうが、1000万円であろうが、税率は一律20.315%

しかし、海外FXは累進課税なので、利益が増えれば税金があがります。

課税所得金額 税率 税率内訳
 195万円以下  15% 所得税5%+住民税10%
 195万円超~330万円以下  20% 所得税10%+住民税10%
 330万円超~695万円以下  30% 所得税20%+住民税10%
 695万円超~900万円以下  33% 所得税23%+住民税10%
 900万円超~1,800万円以下  43% 所得税33%+住民税10%
 1,800万円超~  50% 所得税40%+住民税10%

この表から見てわかるように、利益が195万円以下であれば海外FXが有利です。

195万~330万円は国内FXと同じ税率。

しかし330万円を超えたあたりから、税金が高くなっていきます。 1800万円を超えたりしたら50%もの税金を払わなければいけません。

しかし、実際年間利益195万円以下のトレーダーが殆どなので、海外FXが不利だとは言えません。

なぜこのような違いがでたかというと、海外FXは金融庁の認可した金融商品取引法に規定する店頭デリバティブ取引に該当しないということになるからです。海外FXでも金融庁の認可を受ければ国内FXのような税制を受けることは可能でしょうが、レバレッジ規制25倍(近年中に10倍引き下げ)の対象になるのは間違いありません。

まずハイレバ少額資金で海外FXで利益をだし、年間利益が330万円を超えそうになったら海外FXをやめ、国内FX口座で取引をしたほうが得策といえます。

そして、海外FXが国内FXとちがうもう一つのポイントは

海外FXは損益通算、損益の繰り越しができない   というポイントがあります。

つまり、国内FXでは、3年に渡り、損益通算が認められていて、今年100万円損失がでて、翌年100万利益が出た場合、は利益がゼロとみなされるということ。 (もちろん損失100万だした年にも確定申告をしている必要があり)

しかし海外FXは損益通算がないので、損失が出た年は確定申告する必要がなく、翌年に利益が出た場合は、その損失分の控除ができないということになります。

海外FXは各年毎に税金を納める必要があり、損失の繰り越しはできない

海外FXをつかっているのに、繰り越し損失で報告してしまうと、無申告加算税が課されるのでご注意ください。

ここまで、みると、せっかくの利益が税金でもっていかれて嫌だなあという印象をもたれるかもしれません。

しかし、国内、海外FXであれ税金を抑える方法があります。

一年間に得た利益から必要経費を控除できます。いかに節税するかはいかにうまく経費報告をすることができるかです。

以下は経費として認められやすいものです。 そのほかにもきちんと理由を説明でき合理的であれば経費として認められますので、領収書は必ず取っておく必要があります。

  • パソコン購入費(減価償却費)
  • モニター代
  • ネットプロバイダー代
  • 教材費
  • セミナー代
  • 交通費

海外FXに限らず、確定申告においては経費をいかに上手く申告するかがかなり重要になってきます。雑所得はその年の経費や損失を利益額から差し引くことが可能です。同じ雑所得であれば海外FXでなくても一緒に経費申請することができます。

雑所得に含まれるものは、アフェリエイトの収入やインターネットオークションの売買利益等も含まれますので、それにかかった商材や経費、維持費なんかも一緒に経費として申告することで、海外FXの利益額を減らすことができます。自分のやっていることで、雑所得に含まれるものを把握しておくとよいと思います。

普段生活にかかるものでも、これはFX専用のものだと説明できるよう、うまくやればある程度利益を経費で削ることができると思います。

海外FXは、脱税できそうに思われる方もいますが、脱税はできません。いくら利益を小分けして日本の口座にいれてもダメです。

海外に銀行口座を開き、そこに利益を入金するという手段を使えば出来ないことはありません。海外の銀行口座は国税庁の管轄外です。何億円も稼げるようになると、海外移住も視野にいれ、海外銀行口座で海外でFXをすべきようになるかもしれません。 しかし、日本国内に居住している限り、税金は納めなければいけません。なにかを切っ掛けに脱税がばれたりすると、逮捕、追徴課税が課されることとなり、延滞金と重加算税で、利益が殆ど吹き飛んでしまう事もあります。あくまでもクリーンに利益を上げ、税金を納めていくほうが長く続けるうえでよいと思います。

まずは、安定して利益を上げれるトレーダーになれるように。そうすれば、確定申告の悩みがでてきます。 それは勝てるトレーダーの一員になったという、大変喜ばしいことです。

大多数のFXトレーダーが確定申告を一度もせず、(大負けして退出)消えていきます。

きちんと確定申告で納税し、脱税したいと悩めるほど、利益を上げれるようになることが先決だということです。

ブログ村ランキングに参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです。

ブログ村参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村

XM  FIOLAの使っているFX

下記のリンクを踏んでXMでリアル口座を登録しXMのID番号下3桁を教えていただいた方には、メールでの質問にお答えします。FXに関することでわかる範囲であればお答えします。

メールアドレス      info@satoboueki.com

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. つるとんたん より:

    いつも楽しく拝見させてもらっています。初心者トレーダーです。1つ質問があるのですが。海外FX口座を使い、100万円の利確に成功したが、結局その100万をすぐ負けて溶かした場合などは、税金はかからないですね?

error: Content is protected !!