2018年暗号通貨予想 

こんにちは FIOLAです。 日頃FX為替しかあつかっていなかったFIOLAが無責任に仮想通貨の2018年大胆予測をしてみました。

2017年もあと1カ月ちょっとで終わりです。今年は改正資金決済方の施行をきっかけに仮想通貨投資家が急増し、相場が高騰しました。では、2018年もこのまま高騰が続くのか?

いまから参入を考えている投資家は悩みどころだと思います。

先日、出張がありまして、色んな人達と話す機会が多かったのですが、投資に特に興味を持っていない方がビットコインの話題を口にしていたり、電車に乗ってもビットコインの話をしている者がいたりと、かなり話題になってきていることは間違いないようです。 そして、殆どの人が「去年買っとけばよかった、30万のとき買っておけばよかった。 でも、もうアブナイよ。 今から買うのはありえない」 と口にしていました。 これが、世間の多数派の意見なんだなと思いました。

未来の事は誰もわかりませんが、FXでいつも相場を読んでいる感覚で、2018年の仮想通貨の値動きを予想してみました。 (※あたるかどうかは まったくわかりません)

FXブログではシナリオは建てますが、予想という言葉はあまり使わいません。FXにおいて、予想というのは不可能だというのが私の考えです。だからこの記事はあくまでゲーム感覚で

FXに比べ予想は難しくても勝ちやすい仮想通貨ですので、今はFXに投資している投資家も今後仮想通貨に流れこんでくるのではないでしょうか? 仮想通貨はバブルだと言われていますが、バブルというには、まだまだ参入している人は少なく感じます。本当のバブルはまだまだこれからなのではないでしょうか

これはBTC USDの週足です。 2017年だけをみても、大きく下落している週は5週ほどしかなく、あとは全て上昇しています。そして乱高下すると言われるビットコインですが、大きくズームアウトしてみると、安定して大きく値を伸ばし続けていることが分かります。

ここが天井とは考えにくく、まだまだ大きくあげていく形です。 1BTC10,000USDは目前にせまり、2018年には20,000USDまでいっても不思議はありません。

値動きをみていると2000ドルクラスの下落を挟み再上昇する傾向があります。

これはおそらく、まだまだ未成熟のビットコインでは、大口投資家の力で価格を動かすことがFXの政府発行通貨に比べて容易であることが原因だと考えられます。

直近の下落でいくと、11月に7800ドルから6000ドルまで下落しているところがあります。

そのBTCの下落した資金はBCH ビットコインキャッシュに多く流れています。 そして、BCHの値動きをみると、たった一日の出来事でしたが対円で28万円まで高騰し、一気に冷めたように引いていきました。

これは典型的な投資家による「あおり」戦略によるものです。

FXのマイナー通貨でもよくありますが、未熟な仮想通貨にとってはこのような値動きは日常茶飯事に起こるといえます。

資金力のある投資家にとって、まだ時価総額の低いコインの値動きを操作することは簡単だからです。

ビットコインは一時的に値下がりしましたが、6000ドルあたりを割り込まない限り、再び上昇トレンドを形成していく形だと言えます。 そして今は随分高値圏にきていて、今から買うのは躊躇してしまいます。数か月毎に大きな仕掛けによる下落があるようなので、次の大きな下落でビットコインを仕込むのが着実なエントリータイミング 投資時だと思います。

もちろん、下落がとまったことを確認してからのエントリーですが

600ドルから2400ドルまでの急激な値上がりの後30分で1300ドルまで売り込まれた一連の激しい値動きは、煽って買いあがった後売り込むという市場操作の典型的手口だ。仮想通貨市場はFX市場に比べてまだまだ小さいため、そういった操作が簡単にできてしまう。だから現在の値動きをもって、ビットコインが勝つのか、ビットコインキャッシュが勝つのかを予想することはできない。またビットコインは既に難しい局面を何度も乗り越えてきている。そして着実に値上がりしていくパターンを形成している中で、今回のような下落は今年の7月や9月にもおこっており、暫定的なものだ。だからすぐに8000ドルに向かって上がっていくだろう。

ブロックチェーン起業家:クマール・グラフ氏の発言

ビットコインは2018年もまだまだ上がると予想するのが自然な流れとなります。

ではその他のアルトコインに投資するのはどうでしょうか?

アルトコインのなかで、最も期待されているイーサリアムです。

ETHUSDの週足になります。 2017年から急激に値を伸ばし、5月に400ドル付近まで一気に値を上げましたが、多きく値を戻しています。高値で掴んで大損した人が続出した形ですが、結局は二度目の最高値トライで更新しています。週足の陽線が多きすぎるので、一旦戻しがきそうですが、ここから天井を抜けて上へ伸びていくことが予想されます。

ここが天井で二度とこのラインを突破しないとは考えにくいでしょう

2018年も上げたり下げたりしながら結局は上昇し、何かを切っ掛けに大きく伸びる時期がくるのではないでしょうか?

1ETH=3000USDくらいまではいくのではないでしょうか

こちらはライトコインです。ライトコインはビットコインの弟的存在でビットコインと競争するのではなく、ビットコインが紙幣、ライトコインが硬貨的な役割を狙っているので、際立った技術的なメリットはありませんが、安定して伸びてきています。そして1LTC88ドルという、こちらも前回値段が大きくふれたラインを超えつつあります。 この心理的節目を超えるとさらに上に伸びていける可能性があります。

これから仮想通貨に投資しようと考える投資家も、あまりに値段の上がっているビットコインでは投資しにくく、アルトコインに資金が流れることも予想されますので、そのときの選択肢の一つとして、まだまだ伸びていくのではないでしょうか

2018年 1LTC = USD400くらいになると予測します

時価総額ではイーサリアムと肩を並べるリップルです。 今後決済手段として期待値の高い通貨です。ただし、リップルの価値は上がらないのではないかという噂もあり、2017年に当初に一気に値をあげてからずっと安定し、横ばいを続けています。

現在1リップル 0.23ドルくらいですので、 25円くらいです。

リップルの価値は上がらない説と世界的に送金手段に使われ出した場合上限が1000億枚と限られており、1枚あたりの価値が相対的に高くならざるを得ないという説もありますので、今後上昇することも十分あると考えます。 ビットコインの発行枚数は2100万枚ですが、リップルは1000億枚と、一見5000倍も違うようにみえますが、実は小数点が8桁まであるビットコインに対して6桁までしかないリップルは発行総額では50倍しか変わりません。。小数点をどこにふるかでその通貨の印象は変わってしまいます。

2018年 このチャートの形からいけば下落することは考えにくく、どこかでドカンと上にあがるか、このまま横ばいのどちらかになるように感じます。ずばり、2018年価格予想 1XRP=2USD  心理的節目0.4をこえたら一気に行くと思いますがそこまでいけるかどうかです。

アルトコインの値動きは、一人の大口投資家により簡単に操作されてしまいますので、大きく上げた直後の下落や、大きな売りが入り暴落したあとに元に戻ったりということが起こります。

よってアルトコインは全般的にいえることですが、買ったら長期ガチホールドで手放さない

下がってもどうせ戻ると開き直り、損切りをしない  その結果無価値になり投入資金がきえても大丈夫な余剰資金で投資する。

この作戦でいけば、だいたい勝てると思います。

もしくは、短期トレードの場合、GMOコインやXMでレバレッジをかけてやります。

ポジションは長く保持しません。 せっかく勝っていても、大口投資家の攻撃で振り払いにあい、結局ロスカットなり損切りにかかってしまうからです。

チャートを見ながら方向性が転換し上昇に転じたときに買いではいります。上昇の勢いにのって一気に稼ぎ、目標利益を達成したらすぐに利益確定します。

2017年は100倍以上になるアルトコインがたくさんでましたが、2018年はそれなりに注目を集めてしまっていますので、そんな倍率にはなりにくく、ここからは数倍から10倍程度の伸び余力になってくるのではないかと思います。

仮想通貨を選ぶ上で大事なのは、その仮想通貨が技術面、構想面で他のどの通貨よりも優れて行って実際世界で使われていくことが前提です。使う見込みのない仮想通貨は今後淘汰されていく流れになります。近い未来で、スマホを通した暗号通貨決済が主流になったとき、何種類の仮想通貨が残っているのか?

多くの仮想通貨が共存できる可能性は低いと考えられます。2018年以降はアルトコインの一部では、一度暴落したら、もう二度と値が戻ってこないものもでてくるのではないでしょうか

アルトコイン選びは慎重に、マイナーなものは捨て金と思って投資する必要があるでしょう

2018年年末の相場予想

1BTC(ビットコイン)= 8500USD →20,000USD

今の勢いからいくとこのくらいになるというのが自然の流れになります。

もちろん政策的な規制など大きな事件が起きればどうなるかわかりませんが、そうなったときは、すべての仮想通貨がダメージを受けると思われます。

1ETH(イーサリアム)= 400USD→  3,000USD

イーサリアムは仮想通貨の中で技術面、その他、実際に利用することを想定した場合一番期待できるアルトコインであることは間違いないですし、今後もこの流れが変わる事はないと思います。 よって上昇すべくして上昇していくのだと思います。 将来仮想通貨がビットコインオンリーになるという事にならない限り価値は上がっていくと考えます。

1ETC(イーサリアムクラシック)=20USD→ 100USD

イーサリアムクラシックはどうでしょう よくわかりません。 実際に将来通貨として利用されていくイメージが湧きませんが、非中央集権型なので運営という面で弱い所を感じますが、まだこれから大化けする可能性がゼロともいいきれない ハイリスクハイリターンな状況にあるのではないでしょうか

こちらも5月につけた最高値を超えていく勢いがありますので、ここを超えてくれば大化けする可能性はあります。

1LISK(リスク)= 8USD→ 50USD

リスクは11月から前回高値を更新し上昇を始めましたが、直近では下落傾向にあります。しかし、11月当初の値段までは落ちずに再度上昇する流れになり、2018年以降はもっと伸びていくのではないかと感じます。まだ格安間のある仮想通貨で、化ける可能性はありますが、ハイリスクハイリターン通貨ではないでしょうか

1FACTOM(ファクトム)= 20USD→ 10~50USD

ファクトムも5月に最高値35ドル付近まで上昇したあとは低空飛行を続けています。このまま上昇トレンドを形成できるかこのまま下落するか よくわかりませんが、その他の仮想通貨上昇につられて引きあがる可能性がなくもありません。ハイリスクハイリターン通貨です。

1MONERO(モネロ)=166USD→ 400USD

順当にあげているモネロ こちらは今最高値更新中ですので、一旦下落を経験し、再び最高値を更新してくる流れになると考えます。このようなチャートの形を形成している場合、まだまだ上昇トレンドがつづくと考えるのが普通ですので、このくらいの予想値に設定しました

1AUGUR(オーガ)= 28USD → 80USD

少し変わった暗号通貨ですが、メジャーな仮想通貨と真っ向勝負せず独自路線んで生き抜く可能性があるのかなと考えています。 5月に最高値をつけてから低空飛行していますが、何かを切っ掛けにこのレンジを破るのではないかと考えます。

1XRP(リップル)=  0.25USD → 0.25~1USD

リップルは伸び悩んでいますが、何かを切っ掛けに大きく伸びるのではないかと考えます。それが2018年なのかどうなのかがよくわかりません。よって

今のまま停滞~5倍程度の伸びがあるかと考えます。

1ZEC(ジーキャッシュ)=350USD→ 200USD~800USD

400ドルの抵抗を超えれるかがカギ超えたら化けるかも まだ明確な上昇トレンドが見えていませんのでようわかりません。

1NEM(ネム)=  0.2USD → 0.1USD~ 1USD

0.3ドルを超えれるかどうか こえれば一気に1ドル到達も

まだまだ割安感があるので、大きく伸びる可能性が十分あるように思います。

1LTC(ライトコイン)=  85USD→ 400USD

こちらは順当に伸びると思われます。ビットコインの資金を逃がすときにイーサリアムかライトコインかという二択になる傾向があるので、追随して伸びていく可能性があるかなと考えます

1DASH(ダッシュ)=  650USD→ 1000USD

ビットコインに負けず急速に伸び続けているダッシュです。 このまま今の勢いを継続し、下落をも経験しながらいけば1000ドル付近で安定も可能か

1BCH(ビットコインキャッシュ)= USD1600→ 3000~5000USD

もう一度どこかで2500ドル付近まで近づき、それを超えれば一気に上に行けると思います。なにかの切っ掛けを掴めば大きく5000ドル超えもありうるか

今後も不安定な上昇下落を繰り返しながら結果的には上げていくと考えます。

因みに人口知能 ウェブボット の予測に関する記事がありましたので、添付します。

https://bittimes.net/news/3984.html

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコインの2018年価格は「 1BTC=220万円 」を記録すると、人工知能未来予測プログラム「ウェブ・ボット( Web Bot Project )」が予測しました。

以前当サイトでもご紹介しましたが、ウェブ・ボットは、元マイクロソフト技術者であるクリフ・ハイ氏が株価を予測するために作られたコンピュータープログラムです。

このウェブ・ボットの面白い部分は SNS などに投稿される「人々の会話」を集計・分析し、「感情を数値で測定」し株価を予測します。

ウェブ・ボットが面白いのは、株価を数値ではなく「感情」を元に予測をすることで的中率を向上させたことです。

今回、このウェブ・ボットが「 2018年のビットコイン価格」の他に「その他暗号通貨の 2018年価格」まで予測した情報が流れてきたので、ご紹介したいと思います。



スポンサーリンク

ビットコイン2018年秋の価格予測

ビットコイン価格は 2018年秋に 20000ドル(約 220万円)を突破、暗号通貨の中心であることは変わらない。

上昇の理由としては、「ドルの価値が下がる」ためであると予測しています。

ドルは基軸通貨なので、ドルが下がるということはその他の通貨にも当然大きな影響が出てくるはずです。

それが下がることになっても、上がることになっても「価格変動率」が安定しないということなので、安定的に「上昇」しているビットコインに富が集中していけば、上記のような予測は当てはまる可能性がありますね。

暗号通貨2018年価格予測

ウェブ・ボットはその他の暗号通貨の価格予測も出していますので、ここでざっと見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは 2018年2月に価格の上昇が起きる可能性が高くなります。

その理由は、今回のハードフォークでの人気の獲得・暗号通貨市場全体の上昇によるものです。

ビットコインキャッシュは、本家のビットコインと比べてまだまだ価格は小さいものの、イーサリアムにつぐ時価総額をキープしており、単価ではイーサリアムを超えています。

現在のビットコインの対抗馬としては十分な可能性を秘めており、高い価値があり、通貨として安定的なポジションを獲得しつつあります。

>>「ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

イーサリアム

イーサリアムは 2018年3月には異常とも言える価格上昇を見せる可能性が高い。

2017年までの価格の動きとは全く違った価格変動を見せるはずです。

やはり、イーサリアム価格上昇のターニングポイントは、最終ハードフォークである「 Serenity(セレニティ)」でしょう。

イーサリアムは、その機能性の高さからビットコインを超える可能性がある唯一の暗号通貨と期待されています。

ビジネスプラットフォームとしての期待度、今後の ICO の中心的存在、新しい技術導入などなど、イーサリアムがビットコインよりも優れている部分をあげればキリがありません。

最終ハードフォークの Serenity が完了したと同時に、イーサリアム価格は一気に上昇すると言われていますので、ハードフォークの時期は要チェックかもしれません。

ちなみに Serenity のハードフォーク時期は 2017年予定でしたが、延期になっています。

来年が楽しみですね。

>>「イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

リップル

2018年5月に本格的な高騰が起きるかもしれません。1年を通して激しい上昇が巻き起きる可能性もあります。

2017年にリップルは 40倍という高騰を達成しました。

現在価格変動は安定し、じっくりと機会を伺っていますが、次の高騰のキッカケとなるタイミングをウェブ・ボットは予測しています。

そのタイミングは「既存金融システムのダウン」の危機です。

ウェブ・ボットによると、2018年に既存の金融システムに欠陥が見つかり、リップルを中心に金融システムが確立、一気に価格高騰が起きる可能性があると予測しています。

>>「リップル価格高騰で時価総額2位に、その将来性は?

ライトコイン

2018年3月から高騰するイーサリアムとレースをするように、価格を高騰させると予測しています。

ライトコインの場合は「ライトニング・ネットワーク」がどこまで市場で活用できるかがカギのようですね。

ダッシュ

2018年2月の暗号通貨市場の盛り上がりに比例して上昇、新しいテクノロジーが完成することで高騰につながると予測されています。

現状、ビットコインの Segwit とライトニング・ネットワーク、イーサリアムのハードフォーク Serenity の同様の技術が開発されれば確かに高騰につながる可能性は高いです。

しかし、現状ダッシュの新技術が開発されているというニュースは見かけていません。

どのような技術が誕生するのかこれからが楽しみですね。

>>「DASHを使えばAmazonの全商品が20OFFに!

ネオ

2018年1月に高騰、2月に暗号通貨市場の高騰に合わせて上昇すると予測されています。

ネオの価格高騰予測で面白いのは、「中国規制当局の新たな動き」によって価格が上昇すると予測されている部分です。

これが一体何を意味するのかはわかりませんが、来年中国でも新たな動きが出てくるかもしれませんね。

以上が今回ウェブ・ボットが予測した2018年のビットコイン価格予測とその他暗号通貨の価格予測です。

全体的に「価格は高騰する」と呼んでいますね。

市場は生き物ですから、どのような変動を見せるのかは誰にもわかりませんが(もちろんウェブ・ボットにも)今後どのように価格が上昇していくのかを見守るのは面白いかもしれませんね。

ビットコインの予想に関してはチャートの伸びの角度から判断して予想した数値とウェブボットの予測は一致していました。

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

XM

GMOコイン

ブログ村ランキングに参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです。

ブログ村参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村

XM  FIOLAの使っているFX

下記のリンクを踏んでXMでリアル口座を登録しXMのID番号下3桁を教えていただいた方には、メールでの質問にお答えします。FXに関することでわかる範囲であればお答えします。

メールアドレス      info@satoboueki.com

 

メイン仮想通貨取引所

ビットフライヤー

ZAIF(ザイフ)




暗号通貨はハードウォレットが安全

 

もし、コンタクトレンズを使っていて、いつも買っている数値(BC,DIA,PWR)が分かるのならここからの購入をお願いします。<(_ _)>

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!