こんにちは FIOLAです

「雇用・利子及び貨幣の一般理論」の著者 ケインズさん  聞いたことあると思います

ケインズ理論により、経済が不況の状態にある場合には、国家政策で有効需要の不足を無理やり解消することで、失業率を低下させ完全雇用=景気回復できる

世界恐慌下この考えを受けたニューディール政策により、景気回復することができた。

と言われています。

逆に、アンチケインズという考えもあって、公共事業を一度やると、それが必要となくなった後も、政治家達が選挙で負けないために、永遠に無駄な公共事業を続け、財政赤字になる

とも言われています  これが今の日本の状況であるといえると思います。

 

ところで、このケインズさん もともとは貧乏だったそうで

この経済学者としての知識を使って、投資をして無茶苦茶儲けたり、破産したり、最後は巨額の富を得たりと、結果的には投資家として成功しています

権威的学者としてのイメージですが、実はリスクを好むトレーダーだったのです

20世紀初頭、当時自由化された外国為替に積極的に参加し、当時米ドルの強気、ポンド、マルクの欧州通貨の弱気相場を見極めていました。

マルクのハイレバ ショート空売りで大儲けしたそうです。

 

しかし、ケインズは、1920年に相場の急変時に結果的に破綻した!

 

「 損切いれろよ! 」

 

 

ハイレバトレード  一体何倍だったのだろう  まさか888倍だったか

 

ケインズは破綻後も懲りずに為替を辞めなかった。

結局資産を1869倍に増やしたといわれています

 

ケインズはFXを好み ハイレバで 途中で負けを経験しながらも諦めず、資産を築いた偉大な人物だったのです

 

 

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



おすすめの記事