インフルエンザ ワクチンについて思うこと

こんにちは FIOLAです。

インフルエンザのワクチン 打つ派  打たない派  どっちでしょうか?

私は 断然  「打たない派」です。

今年は、久々にインフルエンザA型にかかってしまったんですが、別にワクチンを打たなかったからなったとは思っていません。

もともと、インフルエンザはウィルス性の風邪ですし、過去に似たようなウィルスに感染し抗体を持っていたら、かからないし、かかっても、熱もでずに過ぎてしまうんだと思っています。 ウィルスと抗体の関係 ただそれだけの事。じゃあワクチンうったら、今年流行するウィルスの抗体ができんのかって話です。

お医者さんは、「ワクチン接種派」の人が殆どです。

ワクチンを打ったか、打たなかったかで、感染率がまるで違う+万一感染しても症状が弱い

必ずそういった説明を受けると思います。

でもこれって 本当なんだろうか?

私は、物事の真実を見極める為に、この事によって、儲かっているのは誰なんだろうと 考える癖があります。  嫌な奴です。ひねくれています。

ワクチンを打つことによって、儲かるのは ワクチンつくった製薬会社とお医者さんでしょう

特許を持っている会社とかもそうです。

「ワクチン要らねえ あんなの効かん  あれは蛾から作った物でタダの毒だ」とは言いません。

気色悪いので、小さめ写真にしましたが、こいつです。

こんなもの体内にいれるなんざ 冗談じゃあないです。 しかも注射打ったら熱が出たりします。

インフルエンザワクチンの 有効率というのは20-40%らしく、 これはどういう数値かというと 100人がワクチンをうち、100人がウィルスに感染した場合、 症状が出ないのは20-40%らしいです。

つまり60%はかかってしまう。

ワクチン打ったのに効かねえじゃねえかと言われたとき、の言い訳が用意されています。

「でもワクチンしてたからその程度ですんだね」 と納得させられます。

そんなワクチンなら正直自分もつくれそうです。 人畜無害なものを打ち込んでおきゃおおだけでしょう。あとは厚生労働省、医大教授とつるんで・・

でも、この20%-40%削減はインチキだ なんて立証できないですし、我々国民は厚生労働省の言うことを信じるくらいしかできません。

昔ワクチンなんか誰も打たなかった時代より、最近のほうがインフルエンザが流行っているのはなんでか? そもそもインチキじゃねえの?

因みに、はしかの予防接種などでは有効率が93~97%以上と高確率で予防できるものです

実際私は、ワクチン打っていませんし、でもインフルエンザ24時間で殆ど治りきりました。

熱もMAXで38度ちょっとだったか  ブログも書けましたし。 インフルエンザ中にチャット機能を付ける事にも成功しました。

確かに発症はしましたけど。

さらにテレビは言うんです。

医学部の教授のような人がでてきて、

「ワクチンは、本人だけの問題でなく、弱者(お年寄りなど)に感染させない為にも、打つべきだと」

そう言われたら、打たざるを得ないですよね。  人質を取られているみたいです。

まるで、北斗の拳の悪党が、 ケンシロウにお前は耐えれても、この子が瞳の輝きを失うことに耐えれるかな と脅しているのとなんら代わりありません。

カネを稼ぐためにそこまでヤルか  卑怯者め

今日もおもいきりひねくれていました。 すみません。

予防接種 をするのも、しないのも 投資と同じようなもので、自己判断です。

どちらが正しいという答えは

わかりません。

こちら参考になるかもしれません。

https://ameblo.jp/rutorl/entry-12206436523.html

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!