ブログ村参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村



こんにちは FIOLAです。

今日 花粉症の薬をもらいに 病院にいったんです。

 

そこで処方された薬がこれ。 1か月分の薬 30錠と 点鼻薬2本(目薬は断った)

これだけで、 値段 いくらだとおもいますか?

 

なんと  8,010円です。 

健康保険を払っているんで自己負担は3割です。 だから私は2,400円しか払っていない。

でも、8,010円としたら、高いっておもいませんか?

この薬が こんな バカみたいに高いの?

そう  日本は 薬価が世界一高い国と言われているそうです。

 

保険がぶち込まれる(保険というなの税金)から 国民は薬が高くてもあまり文句をいいません。

生活保護者とかはそもそも薬タダですから 全部税金です。

転売目的で薬を貰うやつもいるくらいですから 本当に税金のムダ使い

 

今回 私に ぶちこまれた 税金 5,610円    薬だけで  (診察料のほうにもぶち込まれています)

 

そもそも日本は 世界一薬の高い国と言われています。それは何故かというと、日本の薬価は厚生労働省の管轄する「中央社会保険医療協議会」が適当に決めているからです。 中医協は厚労省の役人や医師、公益委員など合計20-30人で構成されています。

こんなふざけた仕組みになっているのは日本だけだそうです。

抗がん剤 オプジーボと呼ばれる薬がありますが、年間3500万円の薬価がかかるそうです。 日本のオプジーボの値段は100mgあたり73万円、に対して米国30万円、英国、14万円 だったそうです。

日本は明らかに ぼったくり つまり 国民の税金は既得権益者や海外の巨大製薬企業に吸い上げられているということです。

こんな無駄な税金の使い方をしていたら、日本は破綻します。

オプジーボの抗がん剤治療は自己負担額は年間100万円ほどだそうです。

しかし患者さんは薬に本当の値段には興味はあまりなく、問題視されませんが、残りの3400万円は私たち国民が納めている健康保険料や税金から支払われていたようです。

 

 

私も前回薬をもらった時は、領収書もみませんでしたが、今回少し気になったので見てみました。

何種類も代替え品のあるアレルギーの薬が たったこれだけで8,010円だなんて 狂ってます。

 

 

 

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



おすすめの記事