トリニダード アンド トバゴ

こんにちは FIOLAです。

トリニダード&トバゴって国知っていますか?

私は仕事柄、この国ばっかり何度も言っています。  海外旅行はトランジットやショートステイ含めると70か国以上行っていて日本人ならあまり行かない、 アフリカのマラウィとかタンザニア、ケニア、南アフリカ、ボツワナ、UAE,オマーンとか カザフスタン、ロシア、サモア、AU、NZ、UK・・・・10年期限のパスポートのページがなくなるくらい出入国していますが、

その中でも、特に馴染みの深いのが トリニダードアンドトバゴです。

南米 ベネゼエラの上にある島国

この国に最初に行ったのは2012年 それから毎年のように訪れています。

2012年頃は、日本からの入国には VISAが必要だったんです。

日本からトリニダードへの渡航は年間10人程度だったか、 殆ど馴染みのない国でした。

VISAがないと入国できないもんだから、渡航前に申請するんですが、日本にはトリニダードアンドトバゴ大使館がない

だから代わりに、ジャマイカ大使館に申請をするんですが、 仕事が 超おそい  んです。

申請しても結局 飛行機の日程に間に合わず 3か月も前からやってんのに

アホな国です。

で、結局VISAなしで 飛行機にのっていく事になりました。

VISAなしの何が問題かというと、アメリカ ニューヨークからトリニダードの便に乗る時、航空会社に、VISAがない理由で搭乗拒否をされることです。

私は、英語を駆使し3か月前から申請し、VISAなし渡航でも入国可能だとアピールし何とか搭乗させてもらえました。

そして、空港で申請手数料を払いなんとか入国することができたわけです。

それから日本人のVISA要件は緩くなり、今では簡単に渡航することができます。

それから毎年のように訪問、滞在し、今では友達も増え、おカネなんかなくても誰か助けてくれる人はいるという国になりました。

これは去年渡航した時の写真

成田からヒューストンに向かいます

ヒューストンでトランジットです。

空港のラウンジ タブレットで頼むんですね 毎年経由空港が違うので、楽しいです。

ニューヨーク、ロス、ヒューストン、シカゴ、マイアミ、 雰囲気が違います。

いかにもアメリカっぽい ハンバーガーです

ウェンディーズは私の街にはないから見かけると行きたくなります。

アメリカ経由でトリ二ダード アンドトバゴに入国。

トリニダードアンドトバゴは ケンタッキー(KFC)が美味いです

日本のKFCと違い、すごくパリパリしている。  トリニダード人もKFCはトリニダードがNO1だと自負しています。

去年の今頃は丁度行政書士の勉強始めた頃なんですね。 本をもっていって隙間時間は海外でも勉強

エライ

現地についたら まずは床屋で散髪です。

安いです

現地の移動はレンタカーですね。

1日だいたい4000ドル弱 です。  ジュネーブ条約に加盟している国なんで、国際免許証が本当はいるんですよ。

去年は期限切れで持って行ってなかった

でも、国が結構いい加減だから日本の免許証だけみせたら 貸てくれました。   日本語読めんのかって

原付に限るて免許でも大丈夫でしょう

途上国ってだいたいこんな感じです。

因みに今年は国際免許取りました

私、大型自動車、大型バス(2種)、大型自動二輪、 牽引以外の車種は海外でも運転んできます。

海外にいくと道がわからない  特にトリニダードは南北と東西にデカい高速が走っていてそれ以外の道路は細々して、標識もまともにないから走りにくいです。

でも、GOOGLE MAPでナビすれば何の問題もない。

写真は現地SIMカードをかって SIMフリー携帯でやってますが、 もし電波がなくても地図を先にダウンロードしておけばオフラインで地図表示とナビは可能です。 これ便利ですよ

トリニダードやら南米 普段日本人が渡航しない国は海外ローミングが無茶苦茶高いんです。

むかしバルバドスでメールでPDFをダウンロードしただけで10万円の請求をドコモからされた事があります。

おそろしくて日本の携帯は使えない

スマホみながら運転  逮捕されますね

しかしここは日本の法律は及びません

カローラなのに240KMまであるメーター

トリ二ダードには親友が沢山います。

KFCが美味いから、何度もいきます。  警官が自動小銃をもって昼飯を買いに来ます  これも日常的なこと

ビールは CARIB か STAGという緑色のやつ どっちかがローカルです。

トリニダードアンドトバゴの風土料理  (ダブルス)  ダボー と発音します。

ダボー喰うか?  といって  わっはっは  って笑うのが文化のようです。

下品と思いながらも喜んでいる そういった風土料理です。 味はなかなか美味いですよ

夜の街はそこそこ危ない  カリブ諸国はマーダレート という人口当たり殺人事件率が高い

ここも例外ではありません。 鍵ロックして走ります。

いきなりドア開けられてクラされ、財布取られても不思議はありません。

チャグアナスのショッピングモール  欧米諸国の雰囲気に似ています。

最後は空港まで自分で運転して 帰ります。  夕焼けが綺麗

おカネを集金したんで持ち帰ります。

こんな感じで、 これは去年のネタなんですが、特に公開することもなかったので

今日はブログネタにしてみました。

日本人が普通いかない国ネタは結構あります。

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!