4月24日 EU時間

おはようございます FIOLAです。

今こちらは午前7時

昨日取ったポジション GBPCADは動かず

想定と違っているので、切りました。

10000円程プラスで終えています。

買いで入っていたんですが 二度目のアタックで頭抑えられた感じです。

今日はどうやらナスダックが史上最高値を更新したようです。

昨年の最高値からの大暴落を100%戻し達成して上に突き抜けました。

これにより、10年続いてきた米国株の好景気はまだ上昇トレンド中にあるということになってしまいました。

昨年末の暴落こそがフェイクであり、仕組まれた物であったかもしれませんね。 騒ぎ立てていましたから。

更に先月末から騒ぎ立てられた大暴落サイン逆イールドとかも、情報操作だったのかもしれません。

米国株は、こうなってくると正にバブル  ビットコインが大暴騰して暴落した頃のような相場を見せるのかもしれません。

暴落狙いで行きたいですが、安易にショートすると、ここからバブル相場の終局部分の爆上げとかがあるような気もしてきました。

ダウの週足です。 最高値更新するんじゃないかと 最近思ってブログにも書いていましたが、ついに並んできました。

更新していくでしょう。

私が1LOTショートして別口座で持っているやつは現在 マイナス27万円になっています。

一応 この週足のレジスタンスがある程度聞くはずなので、ここで頭を抑えられれば大きな急落もありえますが、ナスダックと今までの2019年世界同時株安の煽りを考えると、高値更新し、米国株のバブル終局部分の爆上げに突入するような気もします。

そうなると、私は80万円マイナスで損切にかかるので、そこまで損失を拡大することになりますが、どうでしょうか

この辺で切ってしまうというのも手ですね。

どうやら 最高値更新付近、(できたら手前)で暴落が始まって欲しいという希望的憶測の元のポジションだったので、

そのシナリオが崩れ、むしろバブル突入という状態になる可能性のほうが高くなってきた今、シナリオを変更する必要がでてきたのではないでしょうか

多くのトレーダーがシナリオ転換を考えざるを得ない場面に来ているように思います。

ダウ月足 ただ見てもわかるように、終局部分の角度上昇にはすでになっているので、下落が一旦始まってしまえば大きなものになるのは間違いないと思います。 フェイク暴落の煽り、からの爆上げ 最高値更新 という事実がここにあるので、ヘッジファンドや投機筋は次はどういう仕掛けを考えているのでしょうか?

シナリオ転換せざるを得ない場面ではありますが、-80万までは許容すると決めていたのでこのままショートは持っておきますが、むしろ買いたいくらいです。 最後の大きな上昇をくらわせる形 日足では上昇シグナル継続中です

日経が今日は下げた

ドル円が少しじり貧なんで、そのせいもあってか、日経は下落

10連休直前期ですから、仕掛けがあると思います。 日本人ができるだけチャートを見ている時間に誘いはあるはずなんで、急落に次ぐ、急落が発生しているときは、すぐにショートで飛び乗り、ついていく 逆行し、15分足くらいで転換してしまえば逃げる

そして買いをいれる  そういった感じでイメージしています。 もうショート入れてしまってもいいかもしれません。

ギャンブルにはなりますが

今日は24日ですので、国内口座を使って、NYが終わりオセアニアが始まる切り替わりの時にポジションを取りスワップを抜こうとする人もいるかもしれませんが、 スワップ分 大きな窓が開いてオセアニアが始まったり、思ったように儲けは出せないんじゃないだろうか? 経験としてやってみてもいいかもしれませんが、あまり儲からなそうです。

ドル円に関しては、株の急落でもない限り大きな暴落は無いように思います。

連休前で円安になりにくい場面なので112円超えて伸びていくことはしばらくなさそうですが、連休中の株価暴落に連動して下落するような事があればドル円は買いで行きたいと思います。

ドル円1時間 上抜けしたらショートで小さく抜くとかはいいかもしれません。 GWまでは上抜けしにくいと思います

EURCHFが上抜けしてくれば 買い

AUDUSD 豪ドルが下落しすぎです。 最弱通貨となっています。 今二度目の下値アタックですので、きっちり反発すれば買いで戻りを狙うのもいいかもしれません。 一旦下抜けしたように見せて上がってきたら美味しいダマシ上げの形です。

今から出かけなければならず相場を注視できないんで、残念ですが、もしタイミングよく相場の動きを感知できたらエントリーしようと思います。

XM  FIOLAの使っているFX

 

スプレッドが比較的狭い プロ御用達の海外FX



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!