人のいない商店街 ゴースト化する地方都市 

こんにちは FIOLAです。

私の街では、子供のころは活気のあった商店街がどんどん衰退しています。

この商店街だけではありません。 ほぼ瀕死の商店街は私の街に沢山あります。

私は、衰退する商店街の写真集を作りたいと思っています。

これが、2000年以降の日本の好景気のありさまか  株価だけあがりゃいいのか?

2000年に大店法が廃止され、その後、資本のある大型商業施設がどんどん出店され、

個人商店は、資本の力に対抗できず衰退の一途を辿りました。

競走社会に負けたから、自己責任 というのが資本主義の考え方です。

しかし、資本の力で政治を買収し法改正するという、今の政治のしくみがある限り、格差社会は収まりません。

日曜のお昼に、 この商店街のありさま

これが可処分所得過去最高、中小企業倒産28年ぶり最低水準、国民総所得過去最高

を政権パンフレットに歌う日本の正体です。

大企業にばかり儲けさせる政策、法改正

日曜の真昼間ですよ

近くのイオンモールが駐車場満車となる大繁盛の裏で、個人商店はもう生き残れない現実があります。

これが、政治の向かう方向  カネがある奴のみを優遇する社会構図です。

一店舗だけ、シブいお店をみつけました

まだ生きています。  シーラカンス級ですね。 かっこいい

商店で働くひとが生きていくにはイオンモールに移動し、テナント料を搾取されながら出店するしかないな。

仕入れの段階で、量的な力差でかないません

低賃金で国民を使い、大企業だけ儲けさせる世の中が良いはずはありません。

個人が起業しようと思った時、まともにやれば勝てるはずがないというのが日本の姿です。

チャンスは途上国にくらべとても少ない

若者にもチャンスがなかなかない

〈もちろん法律を動かす事のできるジジイにまだ目をつけられていないネットビジネス環境下での成功のチャンスはあります

しかし、目立ってしまえば、法律の規制がやってきます〉

法律はカネのある者に悪用されるだけの道具と化しています。

本当に残念な国  これが民主主義と言うものらしいです。

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!