8月12日 今日の相場 円高の行方と米株高

おはようございます FIOLAです

今日は日本は休場です。

日本はお盆ですが、世界も夏休み休暇ということで市場参加者が薄くなる時期ですので、フラッシュクラッシュ小型版みたいなのが起こりやすい

もし起こったら絶好の買い場です。 ずっとチャートをみてないと厳しいですがフラッシュクラッシュの後は長い上昇局面来ます

朝窓の開き具合をみましたが、ユーロ等で少し下に窓あけていましたが、積極買いできるような銘柄でもないのでスルーでした。

US30CASHの週足  かなり大きな下髭です。 下髭ははやり反転のサインになり易いですから、今週は上昇する確率のほうが高いように思います。

週末もポジション手放さず握ったまま行きます。

もし、下にふれたら買い増ししようかと思っています。

ドル円の予想アンケートは更なる下落が多数派となっています。

ドル円日足  一瞬109円台突破しましたが、そこから大きく下落し続けています。

更なる下落を予想する人が多くなるのは、世界利下げ競走はこれからも続く 日本はもう何もできない という誰がみても想定できる事態があるからだと思います。

それは事実ですし、いくら多数派の方向性とはいえ、こればかりは私も104円台の方に行くように感じてなりませんが、下がり続ける相場というのもないですから、どこかで下げ止まり上昇に転じるはず

それがいつなのかわからず、とりあえずドル円は触らない方が良いかと思いました。

ドル円月足  赤い線を少しずらしました。 1月3日フラッシュクラッシュの下髭に合わせて引き直しすると、まだ▷保ち合いの中にいると考えられます。 線に引き方はあまり神経質にならず色んな人が色んな引き方をするものです。

本格的な下落 100円を超えるような円高がくるとは考えにくいと思っています。

もちろん ユーロ円、 豪円、 ポン円 などもあまり勝ちやすい局面ではないです

EURJPY日足  ユーロも底なし下落が始まっている可能性が高いです。 さらなる下落に警戒

とはいえ、安値圏に居ると考えると、ここで売るのも怖いものがあります。

短期目線のトレードではやはり売りで行くのがよいだろう

これはリスク回避ではなく、ただの通貨安誘導合戦

ドイツ、オーストラリア、日本の株価はかなり下落していて、回復をみても米株より遅いです。最高値を更新できない可能性がある。

やるなら米株の買いが一番美味しい局面は続くと思っています。

因みに日経ですが、 全然上がらないと思います。

日本は厳しい 良い材料がない

日経日足 大きな下落があった後なので、上昇しないといけないですが弱い

円高です。  もはやモルヒネも打てない日本 株価を上げる為にできる手立てはもうない

今までは大企業超優遇中間層搾取で株価引き上げできていましたが

それももう限界かな

今日のポジション

ダウ買い

買ったとたんに下がったりしますが、ダウにかんしてはビビらず持っとけ

で行こうと思います。

相場は 上がったり下がったり、 しかも下がるときは心理的に「下だ!」と感じさせるまで下がるので、その下落局面で手放さないように  むしろ買い増しする方向で挑まないと勝てません。

心理戦ですから、 ヤバいと感じている時こそチャンスだと肝に銘じて ダウに挑みます。

米中の煽り、 世界経済不安の煽り  いろいろありますが、

リーマンショックのように、事実があって暴落が始まるのと、 噂やトランプ発言で暴落するのでは性質が違います。

リーマンのような本物の暴落はだれも予想できない事態からいきなり始まります。

噂がでているうちは大丈夫  それでいいと思います。

今日の経済指標

なにも大事なのはありません。

ということで

今日もダウの買いを保持していきます。

一時的に下がってもビビりません。

フラッシュクラッシュ気味の円高に注意

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!