manwithnoname一覧

FXをやっている人の半数以上が日本人という事実

FXは世界共通で、世界各国多くの人が参加しているのはご存知だと思いますが、FX人口の中で、日本人の割合が異様に高いということはあまり、知られていないかもしれません。 人数でいけば、実に60%近いと言われています。 日本は長引く景気低迷と将来への不安、何か生活の足しにできる収入を得る方法はないかと多くの人が考えています。本来なら株のほうに投資をするのが世界的スタンダードなことですが、株式となると、9時から15時までと時間が限られ、仕事をしているとなかなかできませ

9月15日 今日の戦略

今朝は朝からテレビで北朝鮮が東北に向けてミサイルを発射しました というニュースがながれ、慌てて携帯で相場をチェックしました。報道では東北に向けてと報道していました。まるで、日本に落ちる可能性があるかのような報道でした。7時くらいだったですが、それからわずか10分後に日本を通過したと報道がありました。 Jアラートが鳴ったエリアの方々は本当に大迷惑だったと思います。

9月14日 NY時間前 

21:30 経済指標の時間でした。内容がどうであれ、相場が揺れましたが元に戻しています。 発表と同時にユーロが下落しドルが上昇しましたが、完全に戻ってきました。 こうなると EUR/USDは上昇圧が強くなってしまいます。

9月14日 今日の相場

ユーロドルのエントリーが早かったです。 しかし、上昇トレンド継続中とみると、そろそろ反発上昇がくるのではないかと考えています。 今ポジションを保持していないのであれば、EUR/USD買いで入りたいです。 私は120PIPSマイナスをそのまま保持します

9月13日 今日の相場   利益確定する時期かもしれません

先週までは北朝鮮のミサイル日本横断、水爆実験、建国記念日と最大限にリスクを煽り、警戒心MAXのまま、週末を迎えましたが、今週に入り一気にリスクオンの動きなってきました。 先週ブログでずっと書いていたとおり、週明けから円安になるというのが大的中です。 テクニカル分析では主軸のドル円でいえば、今月初めから上昇に転じるはずでした。それが、北朝鮮で作為的に抑えられていた状態でしたので、上昇しようとする圧力が押さえつけられ、それが今週いっきに噴出したような感じです。

9月12日 欧州時間前

利益どんどん伸びています。 EUR/USDの損失は変わらずですが、ここも解消されてくると思っています。 今日の日経平均も高値圏を推移し、昨日大幅に上げたまま下げることもありませんでした。 EU時間になんらかの揺さぶりがあるかもしれませんが、基本的にリスクは遠のいたということでいいと思います。ミサイル、核実験、電磁パルス攻撃、加計学園問題 すべて、頭の中から消えつつあります。 

9月12日 今日の相場

昨日の朝から持っているポジションです。 再びドル円安値トライのリスクを覚悟してでの、円安への賭けでしたが、円安予想が的中しました。 大きく勝てています。 ドル円 日足です。大きく上げました。 大きな陽線すぎるので、一回下げる恐れはありますが、下落トレンドを否定してくれたと思います。 ここから下げては上げ、下げては上げと全体的には上げていくシナリオを考えています。

9月11日 EU時間からの戦略

先週の金曜の北朝鮮リスクによる下落が底値となり、今後、リスクは遠のいたとの見方から、今週から円安にはいるのではないかというシナリオを建てています。 多少ギャンブルをしています。このシナリオにならない可能性も十分あります。 もう一度底値トライをしないと言えない局面です。 まだまだ下落する可能性は十分あります。しかし、金曜の下髭の長さと、チャートの形から、ここから転換して上昇するほうに賭けてみようと思います。 損切りラインは、金曜の底値を更新する辺りです。

9月11日 今日の相場

今週から円高トレンドが底を打つのか、まだ下がるのかが焦点になっています。 とりあえず、警戒とは裏腹に穏やかな週末でした。 相場に若干安心感が表れているのか、円安方向に窓を開けてのスタートです。 ここまでは、予想したとおりです。 午前6時すぎの今週の寄り付きです。

恐怖指数(VIX)からみる今回の半島情勢

この恐怖指数は40を超えると、投資家心理に恐怖が充満しており、手持ちの株や為替(リスク通貨)が売られすぎている状態になっているようです。 今回のミサイルはどうでしょうか? 恐怖指数は殆ど動いていません。 日本は騒いでいますが、世界的な目線で市場はあまり気にしていないとも言えます。 このVIX指数は上がり切ったときに、逆張りに使うそうです。 ミサイルリスクでもし今上がり切っていれば、今がドル円の買い時で、今後円安に進みそうだということになりますが、今の状態ではVIX指数は全く高くなく、今回のドル円高がもう底打ちをしたのかどうかわからない状況だという事だと思います。

スポンサーリンク







error: Content is protected !!