今週の相場 円安トレンド到来

先週末からの米中貿易関税報復合戦から始まり、EU離脱交渉難航報道と、円高と思わせる報道とは裏腹に、リスクオンの値動きとなりました。

だいたい、相場というのは、報道と逆に動きます。

なぜそうなるのかというと、 大きな方向性があり、それを抑制するように報道をし、大きく下げたところで、買いをいれたら儲かると思っているからです。

われわれ一般人にトレードで有益な情報など絶対にニュースではでてきません。 むしろ罠でしかないと考えるほうが自然です。

でも報道につられて、負けていくトレーダーが後を絶たない 負けて撤退し、また新たにトレーダーが参入してくる。 新規参入者が素人だからまた初歩的な罠にやられ負けていく

この繰り返しで市場というのは成り立っているのかもしれません

常に新規トレーダーが参入してくる限り、この値動きはつづき、よほどのことがないと裏の裏までは読まずに行けるのだと思います。

USDJPY日足   112.8円の赤線は一度止められるラインでしたが、しっかりおさえられ下落しています。 実践で112.8円にならなかったんで、もう一度上を狙いに行くのではないかと思っています。

ただ、上髭になって日足確定してしまったのはマイナス材料で、下落しそうにもみえますが、中期的にみると、円安に向かっていると言えると思います。

ユーロ円 日足  これもEU時間の大きな下落で陰線引けしています。

こんな感じだと下落していきそうですが、一度下がっても再び上値トライ来ると思っています。 この髭はちょっといい形ではないんですが、週足でみるとまだまだ上昇できるように思えます。

こちら週足です。 週足だとしっかりとした陽線引けです

GBPJPY  一番下落の激しかったポンド  最後の大陽線をかき消す大陰線でひけました。 通常ならこのまましばらく陰線が並ぶ形だと思います

来週は この下落の流れから開始し、しかしどこかの段階で再び上昇 円安に向かうんじゃないかと考えています。

GBPJPY週足  週足では陽線を保って引けています

週足でみると、 ドル円、ユーロ円、ポンド円 ともに陽線が続いています。

来週も円安方向で考えていいと思います。

来週のイベントは

24日のトランプ大統領の2000億円追加関税発動

中国の同時600億ドル報復関税

25日日米首脳会談

26日にFOMC

イギリスのEU離脱問題報道といい、追加関税といい、円高になりそうなイベントを並べているところへんからも、こりゃ円安に動くんだなと感じてしまいます。

米国の景気は非常にいいです。

ダウも上がったり下がったりしながらも、結局上がり続けます。 株価は上がるように仕組まれているんで、絶対あがります。

で、行き過ぎたところまでいってから大きく下落する。 そこまでは上がり続けます。

それにつられ、米ドルも強くなり、リスクオンになると、ポンド、ユーロ、豪ドルも上昇します。 豪ドル円は78円が底打ちだったようで、上昇転換しそうです。

来週以降はリスクオンで ドル円 ユーロ円 をロングしていく方向性で行こうと思っています。 ポンドも基本上昇するから、報道でけん制している感じがします。 通貨の特性から大暴れするので怖いですが、はやり上昇になるんでしょう

ブログ村ランキングに参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです。

ブログ村参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村

XM  FIOLAの使っているFX

下記のリンクを踏んでXMでリアル口座を登録しXMのID番号下3桁を教えていただいた方には、メールでの質問にお答えします。FXに関することでわかる範囲であればお答えします。

メールアドレス      info@satoboueki.com

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!