8月5日 今日の相場 一旦上昇しそうだが更なる暴落には警戒

おはようございます FIOLAです

たして窓の開かない月曜です。

とりあえずツイッターアンケ―トでは 流石に3円近くも落ちているので戻すという意見が多数派かな   と思いきや

下落+超下落を足すとそちらの方が多い

まあだいたい意見は割れていると捉えてよさそうです。


日曜にこういう報道が流れたが

ネガティブキャンペーンからの週末切り返し発言ニュースか? と思いきや

読んでみるとあまり影響もないのかなと言った印象

実際に 月曜の朝 特にリスクオフからリスクオンに変わったという雰囲気もない

これは読みにくい  どうせどこかで米中合意したという発表になるはずなので、株価の下落は行き過ぎだということでV字回復を見せるハズだがその深さが読めない

とりあえず今の段階では

買いで様子見 (日経は買わない) ダウか 米ドル

日本時間、EU時間開始まで様子見したい  もし上がれば 損切をスライドされ、EU時間以降更なるネガティブニュースで一気に第2弾下落に備えていきたい。

更なる大きな暴落は一応あると考えて相場に挑もうと思います。

ドル円日足  とりあえず買いでエントリーしています。 プラスに転じたら損切スライドさせ次の暴落に備える

ただし、このまま全く上がらずズルズル下がりだしたら

その最悪ケースを想定しておく必要があります  106.2円付近で一応切るかな

一応米株も一旦戻しがあると想定して米ドルと同じ方向で考えていこうと思います。

もちろんこれも更なる第二弾暴落があることは想定し損切設定します。 とりあえずプラスに転じればスライドさせ損失なしトレードを狙います

因みに買い目線でいくときは日経はさわらない

AUDJPY日足 豪ドルも一旦買い目線で良いかと思います。 TDが8番なんでもう一日陰線くるかもしれないが、一旦戻しやすい形だと思います

GBPUSD日足 ポンドは 売れもしないし買いもできない  しばらくは買えない状況続きます。

月足で確認しても、最安値まであと少し 一旦トライして 最安値更新するほうに動きやすいのでもう少し下にいく可能性が高いです

その後は切り返しが一旦あるかなと思っています

ポンド円に関しても 過去最安値までトライする可能性十分あるので要注意 ポンドは今は買えません。

ユーロ円も同じく大きな局面にきているが、流石に大きく落ちた直後の週替わりなんで安易に売れません  かといってこの流れでユーロやポンドは買いたくないです

ということで買うなら

ダウ 米ドル 豪ドルあたりか   豪ドルは不安定要素があるのでやはり

ダウ、米ドル買いで とりあえず行く

更なる下落の可能性十分ありだと思うので、 一旦じりじりと上昇したあとにドカンと下落を警戒しておきます。

経済指標

23:00 米 ISM製造業指数

トランプ大統領も本当にアメリカの株がぶっ潰れるような事をするはずがない

XM  FIOLAの使っているFX

 

スプレッドが比較的狭い プロ御用達の海外FX



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!