8月7日 米中貿易摩擦 ショートカバー発動か?今日の相場 

おはようございます。 FIOLAです

昨日の朝 米中貿易戦争の恐怖から大暴落が起きていましたが、煽り方からみて、ショートカバーがくると思い、ブログでも書きましたが、その通りの展開となっています。

このような読みができるのも、経験からか  最近冴えています。

まずは、昨日エントリーした買い報告

追加で2LOT入りましたが、そちらも少しだけ利益  利確してないので含み益という形ですがこれで この2週間での300万円程の利益になりました。

ドル円はあまり上がりませんでした。

US30 日足  下髭をはやし、 (昨日の朝恐怖があおられ)一気に上に上げました。

US30 4時間足 です。

激しく戻ってきています。

今までのトランプ大統領の作為的な下げは、全部凄まじいショートカバーが起こりました。

ただ、ここで警戒しておく必要があることがあります。

実はもう一発喰らわせる可能性がゼロではない

前回5月の時は、米中で騒いだ後半は、メキシコ不安を煽り追加の一撃を喰らわせました。

今回も4時間足で今でこそこんな上昇をみせていますが、もう一撃喰らわせ最安値を更新してしまう可能性もあると思わなければいけない。

本格的な世界同時株安に今回はならない

私は今回は本格的な世界同時株安にはならないと思っています。

理由は、暴落の発端が、ただの発言だったからです。

あくまでも、調整的に下げ 誰かがの金儲けの材料にされたと考えるのが普通

もう一撃くらうことは想定しながらも、買いで入っていく必要がある場面だと思います。

全力買いすると その一撃で死んだりしますから、自分がエントリーしたい余力を分割エントリで買いで入っていきます。

一撃きたらその買いポジは 即きりするか、塩漬けします。 どうせ戻る

とりあえずグイグイ上げている場面なので、早くエントリー

+ポジションで利益でたら、損切スライドしたりしてリスク回避です。

私も昨日早い段階でエントリーしているので、損切をスライドして損失もうないです。

もし、このまま、米株が前回高値まで回復すれば数百万円の利益は硬いと思います。

USDJPY4時間 ドル円は戻りは弱い  こちらも長い目でみたら安いと思っています。1LOTはいりましたが、ムダだったかなと思っています。 やっぱりダウなどの米株をやったほうが良い

豪ドル、NZ,ユーロあたりの下落は一旦お休み

ドル円が回復していけば上昇することになるだろうが、今の状況だと米株を触るほうが簡単に稼げる

JP225日足 日経は一気に上昇  日経の戻しも結構激しい

買いはダウで  売りは日経で を基本に考えていたので、日経は買いませんでした

この先も私は買いはダウでいきます。

よって、今日はこのまま買い保持していきます。

今日のポジション

ダウ 買い

15分足で上昇トレンドでグイグイ上がっている内に、 早めにエントリーすべし

本来昨日エントリーすべきでした。

まだ入ってない人は かなり不利にはなりましたが、まだ全戻し ショートカバーをかんがえればかなり利幅があります。

すぐにでもダウ買い 全力とはいかずとも入るべきだと思います。

もう一度みせますがこんな感じです。

赤い点線の位置が 私が買いで入った位置が損切をスライドしている位置  万一第二弾の大暴落をくらっても利益が残る形となっています。

一番上の赤線  ここを更新してくれば、前回高値を更新していくはずです

昨日恐怖を感じ、株を手放した人、暴落を感じショートをした人 最後に下髭が生えたあたりでショートエントリーした人は、助からない

いままでの経験上そうなります。 相場とはそういう動きをします。

だから、もしここから前回のメキシコ煽りのような第二弾の不安を持ち出して、昨日の髭でショートした人(刈られる人)を助けるような事はあまりないかなと思います。

確立の問題で、 私は買いでよいと判断しています。 そんななかでも一応、第二弾の煽りはリスクとして想定だけはしています。

今日の経済指標

11:00  NZ 政策金利

これくらいです。

因みに、私は米株の現物 ゼネラルモーター(GM)も昨日買いました。

株価が下がった時は買うチャンス こちらは何も考えない長期保有

短い時間で一気に儲けるならXMでダウの買いにレバをかけるのが一番はやい

※ あくまでリスクを考えたうえで自己判断でお願いします。 投資とはそういうものです

ここでは、勝つための思考法を話しているだけで、誰でもエントリーすれば勝てるという  わけではありません。

XM  FIOLAの使っているFX

 

スプレッドが比較的狭い プロ御用達の海外FX



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!