8月14日 今日の相場 アメリカ 株価操作国認定

おはようございます FIOLAです。

為替操作国と他国を攻撃するアメリカ

おめえは 株価操作国じゃねえか

昨日のタワーができたタイミングがうますぎて

米株はあがったりさがったりしながら上がる  だから少々のサポート割れなら怖がらずガチホしようと思ってい居た矢先

さすがにこれはもう一発深いのがくるなと テクニカル的に思わせ+そこのネガティブニュースをくらわせておいて

チャートではタワーが多きすぎて、その直前の値動きが小さくみえますが、タワーができるまえはそれなりに大きな波だったのです。

一気に米中リスク後退ネタを繰り出し

こんなキタナイことを何度も繰り返して許されるのか?

相場、為替の世界は とにかくキタナイ  嘘、ダマシ とは切っても切れない世界だ

US30CASH  日足  ということで 陰線全部かき消していますから、このまま上昇していくと考えて良いと思います。 ドル円も106.6円まで回復しております

日経の売りではいっていて そちらは損切 -50000円

ダウのロングを手放し、日経売りしていた   ヤラレマシタ

しかし、初動で気づいたのでいち早く飛び乗りなんとか利益を作ることができました。

ここからですが、 もうダウはガチホでいいと思います。 今の場面から再び米中が喧嘩をはじめ、暴落になるのは考えにくく、このままロング保持で行こうと思います

今は横ばいレンジをうっていますから、上抜けするまでモドカシイでしょうがしばらく様子見

ドル円は結構すばらしい陽線がはいりました  ほんのちょっとまえは一時109円までいっていましたから、今回の急落は意図的につくられた下落として結構大きなものでした。 この大きな陽線が今後105を底値として再び上昇基調に転じる可能性はありますが、通貨安戦争はそう簡単に終わりそうにないので、ドル円の上昇はかなり時間がかかるかと思われます。

だから買うなら ドル円でなく ダウ等の米株というスタンスは変わりません

ユーロ円、ポンド円は買えない

こいつらも上昇していますが、上がり具合が小さい  ポンドの底が見えないなか、ちょっと欧州通貨は買いにくいです。

豪ドルの上昇も弱い

AUDJPY日足  いちおう陽線でてぶち上げてはいますが、まだ上昇トレンドにすんなりはいれるかは微妙な感じがします。

EURUSD日足 長らく続いている下降トレンドに収束がみられません。

日経225  日経はおもろくない 流石に昨日は上がりましたが、ろくなニュースがない思考停止国日本 ダメだと思います。 日本の企業も老害を一層し、新しく変わっていかないと

AUS200  豪株も上昇するでしょう しかし最高値更新できるのだろうか?

今回の陰線は大きすぎた  こうなればここから長い下降トレンドを形成する可能性もあります。 下がる時は比較的早いので豪バブル崩壊か?

ダウが過去最高値を更新できなかったら  結構ヤバいように思います

ここから上昇し、過去最高値に近づくとは思いますが しっかり更新するかどうかとても重要なポイントです。 ナスダックなども合わせて 世界同時株安になるのかどうかは観察していきたいです。 とりあえず 今はダウ買い

今日のポジション

ダウ 買い

結局これが一番無難

ユーロドル 売り  長くもっておけば勝てるでしょうが 微妙

今日の経済指標

15:00 ドイツ  GDP

18:00 EU    GDP

これくらいです。

昨日までショート誘発やロング狩りをしているので、超短期的には上昇すると考えてよいと

私は判断しました。

ところで  アメリカは株価操作国ということで私が認定しました。

相場は動かすやつが常に強いのは当然ですが、経験を積んだら勝てるようになる。

そろそろ幅寄せがくる フェイントがくる  が読めるようになります。

リスク管理して 経験つめば 結局勝てる

XM  FIOLAの使っているFX

 

スプレッドが比較的狭い プロ御用達の海外FX



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!