海外FXで為替よりインデックス買うほうが期待値は高い

こんにちは 最近はもっぱらダウばかり狙う インデックストレーダーと化しています。

 

FXといえば各国の為替の日々の上下を狙って利益を出していく。

しかしご存知の通り、為替というのはどっちに動くかなんて誰もわからない

例えば 明日  来週  来月 1年後 10年後 20年後 に ドル円が今の109.5円より高いか安いか  なんて 根拠をもって言える人はいない

豪ドルは60円になるのか、100円になるのかなんてこともわからない

 

そりゃ大底、大天井、各国の力関係様々な要素である程度シナリオ建てはしますが、なかなか難しいのが現状でしょう。

だったらインデックスで株を買ったほうが期待値高いんじゃないの?

 

なぜなら 株価は長い歴史上 必ず上昇していくから

リーマンショックのような事がおきても結局はお構いなしに上昇していきます。

もちろんリーマンショックのような恐慌局面もあります。 そのときロングロングの手法をすると簡単に破産することができるでしょう。

しかし本当にヤバい下落が起きているときと、発言で調整的に下落局面を作っているときって、なんとなく感じる事ができるように思いませんでしょうか?

 

上がろう上がろうとする株価  わざとに下げておかないと、次の上昇局面での利ザヤが抜けません。 だから意図的に調整局面が起こる。

 

 

逆に考えると、通貨の価値というのは長期的にインフレによって下落していきます。

 

GOLD これも低迷しているように見えますが、おそらく最高値を更新していく日は近いかと思います。 安全資産なので、短期的には株価上昇とは逆の動きをしますが、長期的には結局上昇する

 

これは 貨幣というものが長期的にみて最弱である証だと思います。

資本主義社会では、インフレを政策もからめて進めてくるので、逆に貨幣の価値が上がるなんて事は起こりません。

 

そう考えると、確率の問題ですが、外国為替だけの通貨ペアより、US30,US500、日経225なんかの株価を買っていったほうが勝てるはずです。

 

また、日本経済は低迷していくと考えられますが、とはいっても利益のとれる日本株は外国人が買いあさりますので、日経平均のようなものはなかなか下がらない可能性も高いです。

なにより、日銀が買い支えますから下がりえない という話もあります。

 

ということで通貨ペアに悩んだら

株を下がったら買う  下がったら買う を繰り返せばいいのです。

※ 因みにエントリーポイントは最高値を更新したから買うではありません それやると負率が高い  あくまで ガッツリ下がったときに買うことです。

この手法は日銀も日本株買いのときにやっています。

 

そして下がった根拠が、要人の発言やわけのわからない指標、ミサイル、たいして意味のないことが原因のときです。 リーマンブラザーズ破綻してサブプライムが などとなって下落しているときは、考え方を変える(逆にショート)する必要もあるかと思います。

 

そういう思想でいけばFXでインデックス中心の取引で資産を増やしていけるのではないかと私は考えて実戦しています。

 

※日々スワップがかかります ポジションの持越し NYクローズから日本オープンまでの持越しはスプレッドとの関係を考慮して一旦利確するかどうか判断する必要があります。

 

インデックスも海外FX XM,AXIORYで買えます

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

おすすめの記事