底打ち近い 人生で数回しかない投資チャンスが来ます。投資を今までしてない人が羨ましい。

もし、今 株式投資をしていなかったり

FXをやってこなかったのなら、そんな幸運なことはないと思います。

そして、ここから始める人はとても高い確率で良い結果を出すでしょう。

これは投資をしている人(既に暴落を喰らった人)なら殆どの人が同じ意見を言うはずです。

 

たぶん、このタイミングでやらない人は  一生リスクを取らず豊かにならないのではないでしょうか

やるなら今しかないと思います。(厳密にいえばもう少し先です)

私も、今のうちに現金をため、近いうちに訪れる投資機会を待っています。

回復相場はかならず来る

リーマンショック明けの2009年~2020年まで、投資をしてきた人はとても美味しい思いをしています。

長期投資で考えると、株価というのは必ず上がっていきます。

 

これがUSウォールストリート30 ダウ工業平均株価 のチャートです。

リーマンショックの後の回復相場が解ると思います。 今回のショックはリーマンと違い、コロナウィルスによるものですので、回復が始まるのもリーマンショックより速いと思いっています。

月足でのこの上昇相場をもし、株式投資をして参加すると、一気に金持ちになれる

コツコツ労働を積み上げるどころではない富を得ることができるし、トレードをしても、下がったら買うを繰り返すだけで勝ててしまいます。

 

US30週足  これが今の下落  凄まじいです。

そしてついに19000ドルを割り込もうとしていて、実際にもう少し下がる可能性は高いです。

 

しかし、既に底打ちの兆候が他のチャートからわ表れていて、例えば、日経の暴落速度が遅くなっています。

 

JP225 日経日足  ダウが安値を更新しても日経が下抜けしていない

 

おそらく暴落相場は、ダウが一番激しかったことから、ダウ以外のチャートから回復するのではないかと思っています。

日経が売られた、金なども売られた

米ドルが買われたというのは、一番の花形であるダウが暴落し過ぎて、ロスカットを避ける為、追証に追われ他の商品も売らざるを得なくなった結果だと言われています。

日経はすでに下落をしにくくなっている。

 

回復相場がくる兆候が出始めている

中期的、長期的には底は近いかもしれません。(短期的にはもう一発はきそうですが)

今回の原因はコロナです。

日本は比較的早い段階から騒ぎ出した国ですが、コロナに感染した人数は10万人に1人程度

これは騒ぎ立てるほどのウィルスか? 自分が感染する確率はあるのか? その10万人の1人に入るってかなり難しいでしょう。

それを過剰に騒ぎ立て、しかも若くて健康な人であれば特に大きな問題もない。

そもそも風邪といわれているものの多くは、コロナウィルスのような物から起こるのであり、今回のはいつもウィルスより強いとしても、そこまで問題にならない。

ヨーロッパや米国が今過剰に騒ぎだしているので、もうしばらくパニックは続きそうですが、日本ではそろそろ終焉を迎えようとしているはずです。

また、そろそろコロナウィルスに効果があるという薬がでてきそうで、富士フィルム等の株価が一時ストップ高を示すような場面もありました。

経済界の人間が政治を動かしていますが、国が本当に崩壊するまで、ウィルスを騒ぎ立てるとも考えにくい

 

どこかで、タイミングで一気に上昇相場が必ずくる

 

薬が出ればコロナは世界的に解決

 

“ 東京株式市場で18日、富士フイルムホールディングス株が急伸し、制限値幅の上限(ストップ高)となる15%高の5238円で引けた。グループ会社が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」の後発薬について、中国政府が17日に新型コロナウイルスの治療に有効性を確認したと発表。投与が広がるとの思惑買いが集まった。ただ中国では既にアビガンの特許は切れており、投与が本格化しても業績への貢献は限定的となりそうだ。 日本経済新聞”

 

近いうちに薬がでてしまえば、コロナの騒ぎは一瞬にして収まるでしょう。

そして、株価底値を示す動きが他のチャートから始まり、もうしばらくはダウは下がるかもしれませんが、時期に底値を付けて上昇を始めるはずです。

 

そのとき、慌てて参加するよりも、今のうちから相場を注視し、研究しながら、最高の投資タイミングを見つけたら良いと思います。

トレードをするにしても、底値からの上昇相場は簡単です。

下がったタイミングで買うを続ける 万一さがっても待てば上がります。

こんなチャンスは10年、20年に一度しかないので、人生で数回しかきません。

 

もし、相場に参加したことがないのであればこのチャンスは逃さないように

できたら今の暴落相場についても、デモ口座などを活用して、練習するとよいかと思います。

リーマンショックの下落を経験した人は、今回のコロナショックの値動きにも強い

10年、20年に一度のチャンスです。

デモ口座で練習すべし

いままで、トレードをしてこなかったのなら、チャートやロウソク足になれる必要がある。

今回の大暴落相場でどんな動きをするのかを勉強するのはとても有用です。

おそらく、数十年後に再び暴落相場が来た時、この経験を活かすことができる。

 

しかし、暴落相場はとても難しいです。 リアルのお金を突っ込んでやると、殆どの人が大負けを喰らいます。

それほど、今の値動きは激しい

振り払うように相場が激しく動き、通常であれば耐えることができません。

だから、今のような相場はデモ口座をつかって実際にどの程度の値動きをしているのかを勉強することがとても役にたちます。

デモであれば、実際に損することもなくノーリスクなうえ、相場の練習ができる。

 

落ちてくるナイフは掴むな という格言どおり、今は安易に買うべきではないですが、相場の値動きを勉強する意味でも、今のうちにデモ口座で遊んでみたらどうでしょうか? 物すぎ値動きをしているというのが勉強できるはずです。

近いうちにとてつもないチャンスが確実に訪れます

同時にネット証券口座を2-3社開設だけしておいて、いつでも参加できるよう準備しておけば、投資チャンスを逃しません。

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!