7月1日 今日の相場 チャートは人とタイミングによって見え方が違う

おはようございます。

先週末は、株価はここから暴落に向かうというチャートの形が表れていましたが、29日、30日に一気に陽線を連発させ、このまま上昇していく可能性も見えてきました。

 

US30CASH日足

 

MACDをみても  やっぱり陽転か?

エントリーするタイミング、判断時によって全然違うものに見えます。

しかし大衆心理を考えると、単純に陽転したから買いで飛びつくとか、そういうのも違うんだよなあ

日足、4時間、1時間、15分でもそのタイミングによって買いと売り判断が逆になったりする

使っているテクニカルによっても

先ほど15分足でショートエントリーしましたが、うまい具合に逆をつかれてやられました。

9番のデカ上髭が出現したあと、ずるずる上昇はしていたのですが、上げきれずドカンと落ち始めたのでこれはショートいけるだろうと考えたのが、ハズレ

再び最高値更新上髭更新し始めたら損切です おそらく2万円くらいはいくかな

ここから下がれば利益が出てうれしいのですが、はたして

エントリーした瞬間に逆行したパターンはだいたい、心理戦で喰われているので、損切になる可能性のほうが高いように思います

 

USDJPY 日足 ドル円は上昇 これは唯一私が最近当たっている部分です

さすがに前回うろついていた場所は底値圏で底固めしていたんで

もう少し上昇できる要素があるかなと思っています

 

今日のポジション

ダウをショートしてしまいましたが、ヒヤヒヤ

どっちに飛ぶかはわからないですが、陽線が連続しているので日足てきには陽線が来やすいか?

ただ、再び下を責め始めると何が起きるかわからない

なかなか読みずらい相場ですので、上とか下とか決め込まずに波乗りで細かく利益を積み上げてみようと思います。

くれぐれもコツコツドカンにならないように

 

経済指標

21:15 米 ADP雇用統計

27:00 米 FOMC

 

FOMCは要注意

今日も引き続き読みにくい相場でどっちにいくか正直わかりません。

読みやすい時だけトレードするという事も大事です。

 

 

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です