9月21日 今日の相場 ドル円が巻き返すか?

ドル円は104.5円 105円という大きな抵抗を突破していますが、過去も突破したとしても、すぐに戻ってくるということを繰り返しています。TDも9番を打ち、過去のデーターをみても9番での反発は多いです。

USDJPY日足 やっぱここから更に下がることは難しく、ロングしておけば勝算が高い

ドル円はこれ 買いだと思いますけど、コロナの大暴落のときは例外に9番から11番まで大きな陰線でましたので、絶対ではないです。しかしコロナ第二派だとか騒いだとしても、2月のような恐怖はもう来ないと思うので、やはり反発するとみてよいのではないだろうか。

 

US100CASH  ハイテク株は直近安値を割り込む勢いです。 微妙です。 安値圏から買いたい 買うべき場面にもみえますが、下に大きく抜けたら怖いです。

RSI,MACDみても RSIは売られすぎまであと一息まだ下がれる感じで、MACDも反転傾向がない

ロングはちょっとできないです。

US30CASH  NYダウ工業株はハイテク株(NSDQ)に比べて下げ幅は小さく、反転も早く起きそうに見えます。 安値をまだ更新もしてなく、今の株価急落はハイテク株中心であることが伺えます。

 

JP225日足  日経は下がらない 23000をわりこみません。 一番健全なのは日経

個別株でいえば銀行株など、上昇余地のありそうなものがありますので、日経は全体的にどうかわかりませんが、大きく下がらないように思います。

 

GODL日足 貴金属は長期的にはあがります。しかし短期的にはわからない。 横ばいで底固めしていますが、長い下髭など出現する可能性も高く、安易にロングして末のも面白くなさそうです。

貴金属、オイル、仮想通貨などのコモディティは長期的には上昇する。根拠はコロナの影響で各国法定通貨を擦りまくっているからであり、法定通貨の価値が下がれば、反動でコモディティ(金、銀、プラチナ、オイル、仮想通貨等)は上昇するとみるのが普通です。下がることはないでしょう。

オイルに関しては、景気に左右される、貴金属の中ではプラチナが工業製品に使われるので景気に左右される場面はあるものの、全体的には上昇するだろう。 これらは短期トレードというより、FXでつくったお金で現物、やレバレッジのかかっていないETFを買うような感じでいいのではないだろうか。

 

トレードは 短期はFXで、  ある程度溜まった資金ができたら株式、ETF、現物買いで資産を増やす。これが良いと思います。

今日のポジション

円が一番安定して強い局面がつづいています。

ポンド、ユーロ、豪ドル、米ドル、株価 軒並み下がってきています。

米ドルと株価の相関は消えています。

TD9番をうっているUSDJPY のロング こいつを狙ってみたいです。

 

株価をやるなら、日経 底固めし、今の相場でも下がらないので、近いうちに上抜けして大きな陽線が走り始めることを期待します。

株価は落ちるナイフの途中なので、今は拾いません。 近いうちの買い場は来るだろう。

今日の経済指標

特に重要なものはありません。

 

 

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です