GOLDでコテンパンにやられた話 31万円溶かす

運じゃないよ  それ 仕掛けにハマっただけ

はい 先週は散々 コテンパンにやられました。

しかも超素人なやられかたをしました。

 

 

トレードをしていて、まんまと底根の下髭でロスカットされ、その後急騰した

または、

ぐいぐい上昇トレンドが始まり、ロングした瞬間に上ひげをつけ、そこから留めどない下落が始まった

こういう経験ありますよね

 

私は何度も、何度もあります。  なんて俺って運が悪いんだろう

って死にたくなります

でも、それ運じゃないんです。

相場の罠  大衆心理の特徴を逆手に取られ、投機筋のプロ連中に搾取されたが正解。

おそらくAIが人間の心理を逆手にとり空売りを浴びせたり、ロングの買い戻しをしたりしている。

私も、FX歴15年になりますが、いまだに相場の罠にまんまとやられることがあります。

 

それが先週のゴールドでした

見事に天井で掴み ボトムで切られ

追い金入れてもさらに切られ

散々切られた挙句諦めた瞬間から 急騰

 

下落だけつきあい、 上昇は取れずの 完璧な負けトレード

 

ダブルボトムをつけ、上昇パターンだったGOLD

まずはチャートを見てください。

これゴールドの日足  見事なダブルボトムで上昇していく典型的パターンになりました。

先週 ブログでゴールドが上昇すると書いたのですが、そしてそれは見事に的中しているのですが、

なんと私は大敗してしまいました。

巧妙な値動きで 一般投資家の精神を破壊する

相場というのは、大衆参加者たちが一番苦しいと感じるように動きます。

FXは簡単には稼げないというのはここにあって、

相場が一般投資家を振り払おうと乱高下させたときに、強靭な心で自分の分析した方向を信じて耐える必要があるのですが、そう簡単にはできないです。

相場に絶対がない以上、損切りの設定というのは設ける必要があるから。

そして、損切りってプロ連中に狙われるって特徴があるからです。

私はXMを使いゼロカットが作動しますので、損切りは設定しませんが、10万円、20万円の入金を失ったらゲームセット 実質私の損切りとなります。

で、今回のゴールドですが、殆どの日本人一般投資家はロングポジションを取ったと思います。 つまりショートしているやつなんていない

だってダブルボトムだったんだから

そして、日本人は基本ショートよりロングを好みますし、長期的には上昇していくゴールドを底根で掴みたいという人は多かったはずです。

ゴールドをショートするなんて気が狂っていますし、そんなの出来るのはプロ連中だけです。

つまり、ロングが大量に集まっていた

この状況が大口投棄筋には美味しかったのだと思います。

こちら4時間足ですが、ピンクの○の位置がたまらずロングしてしまうポイントです。

エントリータイミングは15分足などで計っていると思いますが、その時の上がり方も底根を切り上げながらグイグイと力強く、しかも前回の山を抜け、ダブルボトムを形成しているので、これは絶対にあがるとロングを信じていくタイミング

現物であれば、買いで良いのですが、多くの投資家は現金をそんなに持っていないので現物金を買うよりは、レバレッジを使って実際の資金より大きなロットのGOLDをロングでエントリーしてしまいました。

ここから、プロ連中は 素人投資家である我々を餌食にする値動きを始めました。

簡単に図でかくとこんな感じ

実際に15分足や5分足での下落していく様子は恐怖でした。

そして、誰もが諦める抵抗ラインを軽々突破したと見せかけ、長いした髭 普通の精神だとそこで終わります。

 

 

このように、相場というのは、 大衆がロングしてしまっていると思われる状況下では、その大衆が一番苦しいと思う動きをします。

これ、ほぼ確実にそうなる

なので、上ヒゲでロング掴まされたとき、 これって仕掛けられてないか?って時は その後はことごとく大衆が恐怖を感じるまで、精神をボコボコに崩壊するまで下落が続きます。 早めに損切りするか、 大船に乗った気持ちでロスカットされないような証拠金を保持して放置(実際これは危険)しかありません。

相場はそういう風にしか動かないということを知っているのですが、それでも精神的に耐えきれず わかっちゃいるけど最後は振り払われてしまいます。

完璧なまでに、やられ30万円を2日で溶かす

結局 上下の激しい振り払いで、下髭時に10万円をロスカットされ、

その後上昇している状況から、上だと信じているので追い金10万円入れてロング

 

ゴールドは日足でダブルボトムなんで上昇するってわかっているんだ だから切られはしたがロングだ!

とやった矢先に 下落開始、 そして前回の下値をさらに下回り精神崩壊

 

耐えに絶えても下げ止まらない相場  そしてその追い金10万円も吸い取られロスカット

それでも上だと信じているのでそこからさらに10万円入金して合計30万円GOLDに投入です。

 

ロングしたら少しは上昇したのですが、上値が思い 下落圧が強く再下落を始める

そして次の10万円も見事にロスカットを喰らいました。

 

流石に精神が崩壊し始めました。取り返したいという思いから、さらに20万円入金し、ゴールドは絶対上がるんだと信じ続けました。

しかしそこから最下落を始め、前回底根を下回った瞬間 もうダメだ

終わった  と思いました。

もしかしたらダブルボトムが間違いだった?とまで思いました。

※ 全然まだダブルボトムは崩れていなかった

ここの最後の下落ロウソクが トドメだったのだと思います。 わざとに意識されるラインを攻めてくる下落

 

取り返そうとしてドツボにはまる典型だと判断し20万円を出金して撤退しました。

下のチャートの○の位置です。 4時間足で見ると 何の変哲もない普通の値動きですが、この4時間のロウソク足の中には、細かい5分、15分足のせめぎ合いがあり、私は精神を崩壊させられていたのです。

とはいえ、10万円の損失について、昔ほど痛みを感じないので、ある程度冷静に見れていたし、仮想通貨では1日で100万円以上の含み益、株価も上がっていたので全体の成績でみると悪い1日ではなかったのですが、何が悔しかったかって、私がまんまとプロ連中に騙されたことでした。

トレードが上達したと自負していた私が こんな素人のような恥ずかしい負け方を喫してしまったことの情けなさに、悔しくて仕方ありませんでした。

 

何といっても私が諦めた直後から 急騰を開始しており、最初の私の判断

ダブルボトムからの上昇には間違いがなかったのですから

 

この30万円の損失は、初心に戻ることのできる良い勉強になりました。

 

まとめ

まあ、結局のとこ

相場って、面白い

心理戦 大衆が一番苦しく思うように動くんだから

でも人間て損したくない生き物なので、結局わかっていても負けてしまうんです。

 

トレードに強くなるには、相場の特徴を知り、経験を積み、さらに損失を気にしない強靱な精神力ということになります。

今回私は 全然だめな 素人トレードをしてしまい、まんまとやられました。

つまり最初のエントリーの段階の飛びつきで全てが決まっていたのだと思います。

もう少し冷静に 上がっている時には飛び付かない

そのまま上昇して見逃しても、それは機会損失でしかなく損失は出ていないのだから

 

ということで、来週も相場と戦って行きます。

 

相場で勝つ手法の一つに、ニュートラルの状態で待ち大衆が食われた 上ひげや 下ひげ をつけた直後から 大衆が苦しい方向にポジションを取っていく方法があり、結構勝率が高いです。

ただ、これチャートに張り付いて観察する必要があって、これがなかなか苦しいし時間的に難しいです。  FXて本気でやったら勝てるけど、本気で継続出来る人は少ないというのが本当のところかもしれません。

 

 

 

 

 

 

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です