7月24日 NY時間戦略 ポンド円  まだ下落シナリオが崩れていません。

パソコンを起動している間に ドル円がいっきに111円台を回復してまいりました。 しかし、まだ下落のシナリオが崩れたとは考えていません。 夕方ころからじりじりと上げているのを見て、これはもしかしたら上昇かと思わせるくらいまでは上がるだろうなと思いました。まだ下落の圧が強いです。トレンドというのは一度できると簡単には終わらないので、ここはもう一度下値アタックにいくと思います。 もちろんこれは私の予想でしかないので、外れることがないわけではありませんが、私は売りで勝負をしようと考えています。  できるだけ引き付けて 144.6くらいで売りたいです。  今は、多くのトレーダーが売りだと思っています。上に一時的なダマし上げがあるかもしれません。 安全策としては大きく上に振って止まり、下落が始まるときに売りエントリーですが、そうしているとチャンスを逃すかもしれないです。 

NO IMAGE

FX プロトレーダーてなんだ? プロの定義てなんなのか?

自称 FXプロトレーダーです。 でもプロの定義ってなんなんでしょうか? 宣言したらその日からプロになれるものと、選抜試験等を狭き門を潜り抜けてようやくプロになれるものがあります。プロスポーツ、将棋界など後者のプロと違い、FXのプロというのは、自分で言ってしまえばその日からプロです。 本当にFXであげた利益だけで生活したらプロという訳でもなく、たまたまおばあちゃんから土地もらったとかマンションの家賃収入もらったとか、なんも仕事しなくても生活できる人がFXをちょろっとやってもプロだと言ってしまえばプロです。

7月24日 ポンド円 ドル円戦略

月曜ですが、今日は窓あきませんでした。窓開けで儲けることはできませんでした。 基本的な流れ 相場の方向性は昨日の考えから変わりはありません。 15分足でゆるやかな上昇 戻りをするかとおもいきや 深い陰線が生えています。 金曜の最安値までは届いていませんが、これは怪しいですね。 ドル円が 下値更新の動きをしているので ここはこのまま下落の圧が強いとみてよさそうです。 ポンドが売られているというより、円が買われています。 ポンドドル4時間足です。 ポンドもこの先しばらくドルに対して下がる流れがでています

7月23日 月曜の戦略 今週のポンド円戦略  相関係数分析

ポンド円 金曜に大きく下落しましたが、まだまだ下値余地がある状態です。 今回の下落は前回下落時の底値139.5 140.5辺りを下抜けるか そこまで下落せずに上昇を始め、再び148円超えを狙ってくるかはわかりませんが、まだ随分先の事だと思います。 当面は142辺りまでは下落してくるのではないかというシナリオを考えています。(もちろん週末に突然の事件や政策発表などがあればその限りではないです) 週明けは下落の方向性で考えますが、金曜に大きく下落しているので若干戻す可能性もあります。月曜に売りで入るとじりじりと1日中上昇しマイナスポジションを保持する苦しみを味わう可能性があります。

おかげさまでFX FIOLAブログ 開設1カ月で1000PV/日 達成しました。

FXのブログをはじめてようやく1か月が経とうとしています。ブログ開設最初の1週間は 1日10-30PV程度で誰にも相手にされていなかったですが、GOOGLE検索で引っかかるようになってからは、どんどんアクセスが増えてきました。また、先週はポンド円の下落シグナルが発生し、私の予想が結構的中したので、それに伴いアクセスも増えて、先週水曜あたりから3日連続の1,000PV/日に

7月21日 NY時間 戦略 ポンド円 ドル円 GBP/JPY 売りの波がきました!

早速動きがありました 下落の予想は当たっていました。 145.3くらいまで引き付けたかったのですが、下がり始めたので 144.972でエントリーしました  こんなことなら145.2で入っておけばよかったですが、下落という方向性が正解だったことが分かったので安心しました。 ポンド円 4時間足 赤線の間を想定どおりに動いています。

7月21日 欧州時間 ポンド円

今日は日中ずっと外出していて、相場は携帯で確認するだけでしたが、たいして動いていないですね。 煮え切らない展開になっています。 ポンド円 4時間足です。  この赤線ないで上がったり下がったりしながら 結局下落していくシナリオを考えています。 

7月21日 ポンド円 戦略 方向性が見えてきたか

ユーロがこのまま上昇し続けるようなことがあれば ポンドもつられて上がる可能性はあります。しかし上への圧は弱いですので、そんなに大きくは上がらないとみてます。 今日はここから日本時間でじりじりと ユーロとの開きを詰めるために上がるか このまま力なくじりじりと下がるかだと思います。 どちらかはわかりません しかし長い目線での方向性は下げです。  ここで売りではいってもよいですが、 一旦上に振れてしまう可能性はあります。 できれば 上に引き付けてから 売りエントリーが望ましいですが、 売りのタイミングなしに下落が始まって惜しい思いをする可能性もあります。 私は少しまってから売りエントリーしようかと考えています。

7月20日 NY時間 ポンド円 戦略 ユーロ円

ドル円が下落すれば ポンド円も一緒にボーダーを割り込んで下落していきます。 となると ポンド円も下落の可能性が高いです。 ポンド円 まだ レンジの上昇の可能性を秘めながらも、ここは勝負で売りで入るほうが確率的にいいかなと思っています。 多少のリスクはつきものですが  いい売り場にきているのかもしれません。 あとは自己判断で  いずれにしても下落の圧は強いと考えています。

7月20日 欧州時間 ポンド円  エントリーできてません。

上下をくりかえしております。  こんなときは 私はエントリーしません。 どっちに飛んでいくかわからないです。 今エントリーするのは博打にちかいです。 20:45: EBC政策金利 21:30 ドラギEBC総裁発言までは見送りたいと思います。 大きな下落になるか  レンジになるか  レンジが長く続けばポンド円ゆるやかに上がっていく可能性もでてきます。 方向性がでるまでは、手を出さないのがよいかと私は思います。

スポンサーリンク







error: Content is protected !!