2017年09月一覧

9月5日 今日の戦略

これからも自然には円安に相場は動こうとします。しかし、外部要因で下に下落させようとする動きが多きすぎます。 このため、じりじり上げても すぐに利益確定しないとまた大きく下げて喰われてしまいます。 今日は火曜日ですが、9月9日今度の土曜に北朝鮮の建国記念日があります。 またもや週末です。しかも今度は不意打ちでなく多くの人が、最初から警戒している週末です。ミサイル発射や核実験があり下に窓が大きくことを恐れ、ポジション保有などできない週末です。

9月4日 日本時間終了後の隙間時間15時に刈り取り報道発動 利益を喰われました。 

今日の15時は参りました。 日本時間が終了し、英国、EU参加前の流動性の低くなった時間帯に合わせるように、北朝鮮再びミサイル発射予定などという報道と共に大きく下落させられました。おかげで窓閉めが達成できませんでした。 私は、朝6時台から買いで入っていたので、損失まではなりませんでしたが、私のブログをみて午前9時ごろにエントリーした方は、損失が出てしまったと思います。すみません。 なめらかに円安に動くだけでは、為替のプロ達が儲かりませんので、上下に大きくふりながら円安に動くのです。 為替相場が、いかに作為的でインチキであるとしか思えない値動きです。

9月4日 月曜 核実験の影響で大きく窓が開きました。

一連の北朝鮮事情は、米国の軍需好景気をもたらすだけです。 今朝以下のようなYAHOOニュースの記事がでていました。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00140833-diamond-bus_all 私の昨日書いたブログの通りになっています。騒ぎすぎ、一旦さがって上がるだろうと思いました。 朝6時15分頃、以下のポジションを建てました。 ユーロ円 ドル円 オージー円 カナダ円 NZ円 ポンド円どれも大きく窓をあけましたので、迷わず買いを入れました。

北朝鮮のミサイルや核実験で得をするのは誰だ?安部政権は実はうれしい アメリカ経済にも追い風

今日は北朝鮮の核実験(水素爆弾)によりM6級の地震がおきたことが報道された。 このニュースをみて、国民の大多数は不安を感じたに違いない。 しかし、このミサイルの本質を考えるには、善悪でなく損得で物事を考えなければならない。 善悪で物事を考えると間違った方向へしか進まないのである。北朝鮮が悪い、金正恩なんか暗殺していまえ、アメリカは日本を助けてくれるのか?日本は自分で防衛する力をつけなければいけないのか? こういったことを国民の大多数が今考えている。 しかし、冷静に物事を考えたほうがいい。この一連の北朝鮮ミサイル(核)騒動で、誰が得をしているのか?

懐かしの突っ込みどころ満載究極のバカ映画「コマンドー」 

最後のメイトリクスとの一騎打ちで、娘を人質にとり、圧倒的有利な立場にありながら、メイトリクスの「ナイフでやろうぜ」という挑発にのせられ、銃を投げ捨てナイフでメイトリクスに突進していく。 死闘のなか、メイトリクスの「ぶざけるなー」との怒りの連打に圧倒され、高圧電流がながれる鉄柵にふれ感電して死んだかと思わせながら、も何もなかったかのように復活してメイトリクスに一発パンチを喰らわせるタフさぶりを披露する。

FXで勝てるようになるには、考え方を変える必要がある

有り金をどんどん失い、使いつくしてから退出していくことになります。 商材でFXが勝てるはずがありません。商材を売る人はFXで勝てないから商材を売っているのですから。 これは間違いありません。 では私のブログは何か?FXで勝てないからブログを書き、広告収入を得ているのか? 私も広告収入を得ていますが、FXでも勝てています。FXでの利益を生活には当てません。

日本製 ジーンズ BACK NUMBER セルビッチ ボタンフライ 追記

BACK NUMBER という無名ブランドですが、日本製ですべての製造工程を日本で行ったものです。 値段は14,900円 消費税をいれると16,092円もします。 こんな名もないジーンズをこんな値段を出して買ったのは初めてです。 購入の決め手となったのは、懐かしいノンウォッシュのリジッドデニムの肌触り セルビッチ(赤耳)デニム ボタンフライ 綿100%  ストレートとスリムモデルがあり、どちらもポリウレタンを使用していないことでした。

9月1日 夜 EU後半~NY時間戦略

今日は金曜です。 そして、経済指標がある時間帯が迫ってきました。 21:30から アメリカの失業率 非農業部門雇用者数変化 平均時給 ISM製造業景況指発表というのがあります。相場が動く可能性があります。 金曜なので、無理せず 今の時点で利益確定するのも手です。

9月1日 今日の戦略 

昨日はEU時間前から ユーロ ポンド ドルを無理やり下げるような発言が相次ぎました。 ドル円、ユーロ円、ポンド円 に買いを入れ、せっかく利益が乗り始めたタイミングでした。 まず、ユーロから EBC当局者が急激なユーロ高懸念、資産買い入れ縮小ペースを遅らせると報じ、ユーロ高を牽制する発言がなされました。 そして英 メイ首相が2022年総選挙後も続投というニュースを流し、こちらは反応薄ですが、 そのあと米 財務長官の、米国はドル安政策に転じたと憶測される発言がありドルも急落しました。

スポンサーリンク







error: Content is protected !!