FXで勝つといっても、人それぞれ得意なトレードがあります。

スウィングトレード主体だったり、デイトレ主体だったり、

 

自分の生活スタイルというのもあるので、人それぞれなんですが、

そのなかでも、値動きの特徴を利用したダマシ逆行エントリーパターンはおススメなんで、ぜひ習得すべきです。結構使えます。

 

体感的に勝率は7割以上だと思います。

昨日のユーロもそうでした

相場を気にするのはPM4時~PM7時  もしくはPM10~0時までくらいでしょうか

相場の流れが変わりやすく、ダマシのような値動きが頻出する時間帯です。

昨日を例にします。これは何が起きたかというと、 まず月曜は下窓がひらき131.97当たりから始まりました。 当然のように月曜の窓がしまります。

窓が閉まった後は、上げるか下がるかは、予想がつきずらいのが普通です。

で、昨日の場合、日本時間終了に合わせて、どんどん下落していきました。

日本時間が終わる頃、どんどん下落して、朝の窓よりも下まで下がっていきます。

これは何故そうなったのか?

これは、損切を131.97付近に置いている人が多いというのが原因だと思われます。

朝の窓あきトレードからロングエントリーをした人が損切を131.97に設定する

みんなが損切を置きたくなる場所です。プロにはそれが見えています 当たり前です

 

仕手は日本時間が終ったあたりにここを狙って下落させます。 損切にひっかける。

そうすると、ロングの損切はショートなんで、火薬に火をつけるように一気に下方向へ相場は下落します。  損切のショートを喰いながらどんどん加速して下がる  これを仕手は狙っています。

 

これを利用して下がりきったところで、買戻し一気に相場は上がります。

 

下抜けした!  と見せかけた場面は損切だけではありません。

そこを下抜けたら、売りエントリーと 自動売買を設定している人が大勢います。

その人たちのショートエントリーも狩ります。  で狩られたショートエントリーは髭となり、上昇していくわけです。  抜けたらショートというのは、ロジック的には正解でありながら、最も危険なエントリーともいえるのです。

 

昨日底値でショートしてしまった人たち

そのあとはジリジリ、損切させるまで上げ続けます。

この時 大きな下落から80%以上戻してくると、その場合は殆ど上方向に上がるのが正解となります。 プロがロングしているんで、相場は上がります。

そこで買いエントリーをしてプロの方向性についていく

そして、着実に20-30PIPS抜き撤退する  損切スライドさせながら50-100PIPS抜けるときは抜く

といった手法でやると、結構勝率の高いトレードができると思います。

 

この抜けたと思わせ 逆行というのは、1週間に必ず何度かありますから、

日本時間が終わりEUが始まる頃、NYが始まる前後に相場をみて、たまたまそうなった動きを発見したときだけトレードすればいい

勝てるところ わかりやすいところだけやるというのが一番いいです。

余計なところで根拠なくエントリーしなくなれば、FXは勝てるはずなんです

 

海外FX 狭いスプレッドが魅力 AXIORY

海外FX NO1  XM

 

 

XM  FIOLAの使っているFX

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



おすすめの記事