7月1日 今日の相場 市場はリスクオンへ

おはようございます FIOLAです。

G20明け 週末にポジティブニュースが連発しました。

米中貿易摩擦のリスク煽りも一旦お休みになるようです。

このように、重大な発表や流れの転換は必ず週末にくるというのも最近のポイントです。

ダウの上抜けを試みようとしている姿勢がうかがえます。

 

G20が終わり週末に差し掛かるとき、なんとなくリスクオンかなという予感はしていて、週末に書いた記事では

ドル円は107円台で底打ち  ▷保ち合いで今年最安値になるかも という事を書きました。

G20ひっそりと通過  豪株の売り時がかなり近い

ここからは 円高が一旦止まって、 豪ドルが回復すると同時に 豪株が軟調化して急落

 

USDJPY4時間足   月曜の窓が上に開きました。  リスクが遠のいたニュース連発したので当然といえば当然で、50PIPS程ありますが、これを窓閉めトレードする気はしません。  最近の窓はタダでさえ50%も閉まらないことを考えると108.0円くらいでの押し目買いも狙うべきかと思いました。

 

AUDJPY4時間です。  これも 窓が開いていますが、 窓閉めトレードをする気はありません。 むしろ買いの方が良いかと思いました。 豪ドルは上昇基調に転じる  利下げを継続してきましたが、そろそろ政策転換

 

豪株 日足

まだ上昇のトレンドが止まったとは言えませんが、 もう一段上にいくかもしれませんが

そろそろ大きな下落があると考えています。 豪ドル円上昇 AUDUSDの上昇転換があれば、間違いないかなと思います。

 

US30CASH 日足  G20明けのポジティブニュースで当然のように上に窓が開いています。 このまま高値更新させるのか

ダウはとても強力なレジスタンス上にあるので簡単には上に抜けないと思いますが、抜けたら青天井ですから

とりあえず今日あたりからしばらくはリスクオンで上値を探るのではないだろうか

 

日経日足です。  G20で好感度アピール報道  絶好調の安倍政権は参院選に向け準備万端となりました。株価も上昇していくでしょう。  日経の暴落は参院選まではこないとみるのが正解かと思います。   ドル円が一時106円台突入で底打ちしたとみると、 ここからの円安は株高に追い打ちをかけます。  大手企業のボーナス報道、公務員ボーナス上昇 日経も好調で日本の経済は消費税増税にむけ何の問題もなく、好調という事になってしまいました。 実態は腐っているのに

ここから日経のインチキ上げ相場が来ると考えると、まあ買いでいけば勝てるんじゃないだろうか

日経の暴落は必ずきます。 ただ、 だからこそ 今は上がるのだろう

 

今日のポジション

円安  クロス円 の買いで勝ちやすいように思います

ドル円  ユーロ円  豪円 NZ円  ポンド円

なかでも豪円当たりが無難か   ポンド円も一旦あがりそうではあります。

ダウは 高値更新基調なので 買いですが   レジスタンスが強烈なので怖くて手がでません

日経が上がりやすいか   日経の大暴落はまだ参院選が遠い今は起きないと勝手に想定しています

豪株は そろそろショート ガチホで勝てると考えています。

 

今日の経済指標

8:50 日本  日銀短観

23:00 米  ISM製造業景況指数

 

G20通過し、比較的トレードしやすい環境にはなったかと思います。

 

因みにツイッターアンケートは 108円乗せで上昇が多数でした。 これはポジティブ報道が週末始まってすぐからもあったので、確かにそうなるだろうと思いました。 ちなみに 私も108円から回復基調だと思っています。

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

おすすめの記事