2月3日 不謹慎ではあるが、コロナは金儲けのチャンス

おはようございます。

ダウを買っていましたのでやられました 早とちりでした。

軽く20万円強の損失でまして、勝負にでたのが裏目にでました。

まだまだメディアは騒ぐのをやめないようです。

 

USDJPY日足  ドル円は長らく、▷保ちあいを形成していて、どっちの壁にあたれば跳ね返る動きをしていますが、もしかしたら下の壁を触るのかもしれません。 ただ今はTDが9番を打ったのでいったん反発しやすい場面かも

さすがに9日連続で下落傾向が続いているというのは行き過ぎ間ありますが、理由が肺炎なのでまだまだ行くかもしれないです。

最高値を更新していたダウもここまで大きな下落になりました。

いい感じに下落してきていて、もしこの相場に仕掛け人がいるとしたら爆益を狙っているのだろう。

原因はコロナウィルスで、感染者は今後も倍々ゲームで増えていくのは確実なのです。

あとは報道がどれだけ騒ぐかが問題で、危機感をあおればあおるほど、事はさらに深刻になり、株価も恐ろしい暗い下落するかもしれません。

が、逆にこのウィルスは意外と今までのインフルエンザに比べても毒性が弱いのではないかという話になってくると、相場はぶち上げます。

 

このメディアの騒ぎ方がどこでどうかわるのか

それにより相場は決まるということで、死人が出ている中不謹慎ではありますが、金儲けをしようとする連中はこれ以上にない絶好のチャンスと狙っているはずです。

今回のコロナウィルスは騒ぎが収まる、またはニュースとして飽きてくると相場は急速に上がりだすでしょう。

 

厚生労働省のページに実際に感染した人の事例が紹介されています。

インフルエンザや風邪と何が違うのか? 毎年多くの死人がでているインフルエンザや風邪だが、今回のコロナだけ特別なのか? コロナウィルスが広がっているのは事実だろうが、騒ぎすぎているという事実はもう少し真剣に考えた方が良いと思います。 ニュースをみて、マスクが売り切れている、中国人はペットボトルをかぶっているなど、しょうもない報道をみて心理を操作されているようではトレーダーにはなれないでしょう。

 

メディアは大衆を洗脳するツールに過ぎずない。

大衆とは与えられた情報の通りに行動する真面目で良い子で、普通になろうとしている人たちの集まりなのですから、言い換えればコントロールされ食い物にされる材料ということになります。

この先何が起こるだろうかと考えていけば、とんでもないV字回復相場がくることは間違いないだろう

 

私は下記の記事にだいたい賛成ですから、通常のインフルエンザ流行となんら変わりないのに相場が暴落してしまっている現状をみて、これは確実にチャンスが来ていると判断しています。

プレジデントオンライン 新型コロナウイルスの「毒性の弱さ」を理解しているか

 

私もとりあえず20万円溶かしましたが、ここから確実にロングでその何倍も稼げると考えています。

引き続き、相場が回復の兆しある動きをしたらロングいきます

 

お年寄りの方は、感染に気を付けましょう。

若いかたは例年の流行りの風邪と同じです。

不安をあおる報道 記事を書くにも不安をあおったほうがタイトルで引き付けられますから、

ほんと強制的に目につくメディアのいう事は信用なりません。

 

今日の経済指標

24:00 米 ISM製造業指数

最近ISM製造業指数は危ないです。 本当はなんでもないクソ指数なのですが、最近はこいつから逆イールドの話になり、急落させV字回復させる技が何度もでていますので要注意です。

渡航制限等が繰り返されると実際に経済に悪影響がでますから相場は駄々下がりでしょう。

大きな急落が直近では来るかもしれませんので要警戒です。

 

ただ、 間違いなくどこかで  超 ULTRA V字回復の大儲け局面きますから

その波にうまく乗れるよう相場をみていきます

 

この相場で勝ちたい  ものすごいチャンスが来ていると私は思っております。

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!