3月第1周目の相場  押し目チャンスなのか? 株価、ビットコイン

解りやすいところでトレード

2月の月足、週足が確定しました。来月の相場がどうなるか?

解りやすいところで勝負したいと思っております。

USDJPY日足 

ドル円は長い下降トレンドを脱し上昇トレンドになると話していましたが、そのとおりに動き始めています。

現在106.5円まで急激に上がってきていますが、これは一旦下落したとしても並行に引いた2本の赤線の下限の付近までで、更に上昇すると考えております。 下落しても105.7付近

106円前半まで下がればロングしてもいいかなと思っています。

中期的な目線でみると上昇 110円に向かっていると考えています。

 

NSDQ日足 先週急落したハイテク株の下落は留まることをしらず

流石に下がり過ぎているのでもう一段の下落がきたとしても、結局はこの付近までは戻ると考えています。

が、しかし 相場というのは多勢が心理的に耐えれないように動きます。

前回安値を更新する下落をみせ下だとパニック売りになった後に上昇開始するというのはよくあることで、意図的にそういう動きをしています。

なので、ここは更にテクニカル的に、何の理由もなく下値更新してしまう可能性は高いかなあと思っています。

長い目でみるとそろそろロングしてもいいのですが、その日のトレードとしてロングしていいのかは微妙です

 

US30CASH日足  NY工業株ももちろん下落はしていますが、ハイテク程ではありません。

コロナ禍でハイテク株にウェイトが置かれていましたが、ここからワクチンの普及により一気にコロナ終焉えの期待がたかまり工業株に資金が戻る可能性があります。

ハイテク株は高すぎるという懸念もあるので、ダウのほうがここからは伸びるのかもしれません。

ダウでロングエントリーしようかなと考えています。

 

ビットコイン日足 

一時600万円を超えていましたが大き目な下落が続いています。 これはまだまだ下がる余地がありとりあえず今の位置はサポートされやすい位置ですが下抜けすれば次は430万円、330万円付近まで下落できる余地があるので恐ろしいです。

ビットコインについても、大衆がもうダメだ!と精神が崩壊するまで下がり続け、そこから急な切り返しの上昇となったりするので、今はまだ下落の中 落ちるナイフの状態です。

底値で拾うのは難しいので、少しづつナンピンで仮想通貨を集めていこうと思っています。

短期トレードでは BTCはまだ下がることができる。 なので逆に空売りをしたくなる場面ですが、一旦切り返した時の上昇はすごいので、あまり細かいトレードをしないのであれば普通に買っておけばよいのかなと考えています。

因みにビットコインBTCとビットコインキャッシュBCHは同じ値動きをするのですが、下落率ではBCHなどのアルトコインのほうが大きいです。 回復する場合も大きく回復する可能性があるので、ロングするならBCHのほうがおもしろいかもしれない

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です