仮想通貨は下に走ってしまいました。 ビットコイン終了

こんばんは FIOLAです。

仮想通貨は随分保有枚数を減らしていましたが、

残り1BTC保留してたので、今回の暴落を見守っていました。

60万円で何度も耐え地固めしていたときは、まだ可能性を感じていましたが、結局下に走り出したのをみて、終了だと思いました。

ついに今日夕方50万円をも割り込んでしまいました。 60万を抜けたらはやかったです。

仮想通貨はハードウォレットにいれていて、持ち歩いていないんで、仕事や出張中に暴落が始まっても対処できないんです。 そして、こりゃ節目を下回ったからヤバいとわかっていても、1日遅れとなり、今更売るくらいならと結局放置してしまうんです。

この60万円というラインは絶対に超えてはいけない節目だったと思います。これを超えた以上、下落トレンドはまだ終わりでなかった証明となってしまいました。

私も長らく60万円で耐えているところを見ていましたので、ここを踏ん張れば再びBTCの上昇もあるのかなと思いましたが、どうやら方向は下でした。

おそらく 私の保有する最後の1BTC このまま持ち続けてもおそらく儲かることはないだろう。それより損する可能性のほうがはるかに高い。 再び吹き上げる相場がくるとは到底思えません。 私は今更売りませんが、もし売ろうとおもうならそれは悪い判断ではないように思います。

法定通貨との交換では悪いレートで換金となりますので、もし、ここで処分となれば、仮想通貨は引退です。再び買おうなんて思ってはいけません。

再び買い直し  仮想通貨はまだやるというのであれば、今は売るべきではないと思います。 下落したときに売るのは勝てない人のやるパターンです。

引退か、続行か 判断するいい機会のように思います。

多くの人がこのへんで仮想通貨には見切りをつけるのではないでしょうか

おそらく仮想通貨は今後、生き残っていくことはあっても、価値が爆発的に上昇したりとかそういうものにはならないでしょう。 仮想通貨事態を簡単に次々産み出すこともできますし、価値の担保がないですから

このままだと、仮に値を戻しても60万円を再び超えるあたりで抵抗が生まれ下落しやすくなります。

万一一度上昇して値を持ち直したとしても、今回付けた底値が基準となり再び下値をトライにくるという動きになりやすいです。

つまり、 仮想通貨の底値はまだまだ見えていない状況が続いているということだと思います。

もともと、交換価値に裏付けがなく、価値に何の担保もありませんから、信頼を失えば無価値になることも十分ありえます。資産の保存という面でまったく信用ができない為、今後は2017年のように爆発的に価値があがるということはないですし、雑所得として、税金も厳しく徴収されるのであれば、もやはやる価値はないかなあと思います。

ブログ村ランキングに参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです。

ブログ村参加中 ポチットしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村

XM  FIOLAの使っているFX

下記のリンクを踏んでXMでリアル口座を登録しXMのID番号下3桁を教えていただいた方には、メールでの質問にお答えします。FXに関することでわかる範囲であればお答えします。

メールアドレス      info@satoboueki.com

 

ビットコイン入出金が魅力の 海外FX  AXIORY



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!