5月22日 今日の相場 調整局面だが 強気で行きます

米株、日経共に緩やかな上昇トレンド

急激な上昇よりも、緩やかに上昇するほうがトレンドとしては強い

一時的な下落はあるも結果的には上がっているので、下がっているときに買う

これが大切なのですが、多くの人が上がったときに、これは上昇だと買いエントリーしてしまう。

 

昨日は再び下落基調で弱い相場でした。 抵抗で引っかかっているようにもみえます。 そして、下がりだせば、23219のラインまで下落する可能性も

そうなれば、1時間足レベルでサポートを割り込めば 日足でのサポート23219付近までの下落を覚悟となります。

US30CASH 日足

 

US30CASH1時間

1時間足で 24319、 もしくは24192 この付近でサポートされずに更に下がりだせば、日足のサポートまでいってしまうような気がします

 

上昇トレンドという見立てが間違っていなければ、いずれにしても下がったところで買いで勝てる。

買ったときに、調整下落の途中で買ってしまい、苦しむこともあるが結局勝てる

 

私は日足のM字の二つ目の山が横ばい気味ですので、このまま上がる可能性もあると思いますので、もし下落してしまったら日足サポートまで耐える作戦で上抜けにかけていきます。

 

JP225CASH  日経日足 日経のほうがダウより上昇トレンドが綺麗です。

調整的な下落はあっても下がっているときに買う

買う位置は人それぞれで、できるだけ下で拾ったもの勝ちです。 そこはトレードの上手さ

 

AUDJPY日足 日経と同じような形になっていて上昇トレンドです。

読み通りの上昇で100日移動平均線まで値を戻しました。 70円をあっさり抜けましたが、流石に一度調整はいりそうな展開です。 調整は小さめ? とりあえず今、ただちに買いではいるような形ではないような気もします。 日経の上昇と相関関係ありますので、となると日経ももう少しじり貧つづくか

 

USDJPY日足  ドル円は読みにくいし値動きが小さいので、トレードしても面白みがない。

とりあえず上方向に進みやすいとは思いますが、スルーします

 

 

昨日は全般的に調整局面で相場は盛り上がりませんでした。

きょうも引き続き調整局面かもしれない。

ということで、もう少し深い下落がはいるまで、エントリーしないというのが安全な気がします。

ダウが23219近くまで調整下落したら買い

このまま上昇してしまったら 見逃しですが諦める

こんな作戦が無難で安全な気がします。  安くしいれて高く売るのは商売の基本ですし

 

私はせっかちなので、ロングしてしまいました← 商売センスがない高買いヤローかもしれません。

今日のポジション

ダウを1時間足のサポートで買い

日経は買い

 

基本的にコロナ後の財政出動+インフレによる上昇トレンドなので、強気です。

下落基調の場面でもショートは基本しません。

今日の経済指標

8:30  日本  消費者物価指数

お昼    日本  日銀政策金利発表

20:30 欧州  ECB理事会議事要旨

 

 

私の使っている口座 XM

海外FXのサブ口座 AXIORY


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です